Loading

軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でもシロアリ被害の可能性はある

新築住宅の購入を考えるようになったとき、何を優先的に考えますか?立地条件や部屋数、予算との関係やご近所との問題など、内容に個人差はありますが結局以上のような事が考え浮かぶ人が多いのではないでしょうか。そんな中でも意外と見落としがちで重要な問題でもあるのが「シロアリ対策」です。害虫の被害を受ける建築物は年々増大しており、そのトラブル総額はなんと年間1000億円以上とも言われています。今回はそんなシロアリ問題についてご紹介します。 

鉄骨や鉄筋住宅でも安心できない

シロアリなどの害虫によっておこるトラブルは年間で火事の約10倍にもなっており、地震・台風・火事に続く第4の災害とも言われるほどです。また、害虫トラブルが原因となり地震や台風時の倒壊のきっかけとなる事も多くあります。
「うちは軽量鉄骨だから安心」と思っている人もいるかもしれませんが、一見害虫トラブルとは無縁のような軽量鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅でもシロアリ被害は起こり得ます。多くの人はメインの建材に木材をほとんど使っていない建物は害虫のトラブルに遭わないと思っていますが、実はそうとも言い切れないのです。
軽量鉄骨や鉄筋コンクリートというと木造住宅ように木材を使用していないため害虫の被害を受けるところが無いじゃないかと思いがちですが、実際は軽量鉄骨造や鉄筋コンクリートでも木材を使用している部分はあるため、害虫の被害とは無縁というわけではないのです。 

シロアリ被害を受ける場所

軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でシロアリ被害を受ける場所の例としては、土台や大引き、束、筋交い、梁、柱などで木材が使用されているところ、板や間仕切り壁、根太や建具などように、少しでも木材は使用されているところが挙げられます。軽量鉄骨や鉄筋コンクリートだからといってすべてが鉄骨というわけではないのです。
もちろんメーカーなどによって木材が使用される場所や割合は異なりますが、害虫は雑食性なので紙や衣類、皮革製品、本、断熱材、プラスチック、ケーブルなど様々なものに被害を与えていくため、構造材に木材が使用されていなくても害虫被害に遭う可能性は十分に考えられるのです。 

シロアリの特徴


シロアリには目がないため、硬いものに接触すると必然的にそこに沿って蟻道を伸ばしていく特徴があります。基本的には湿気の多い柔らかい木材を好みますが、その木材に辿り着くまでは目の前にあるものを本能的にかじっていくのです。実際に鉄筋コンクリートのマンションでも、キッチンやお風呂といった湿気の多いところは害虫の好む場所となり、住みついてしまうことも多々あります。マンションの敷地内や周辺に木製物や板などがある場合はそれをエサとして害虫が生じてする場合もあるので注意が必要です。
また、床下がない構造のマンションなどはコンクリートのわずかな空きやヒビ割れしている箇所からシロアリは簡単に侵入してきます。一戸建て住宅でトラブルの多いエントランスと同じ状況です。床下がなく、土壌と木部が近いスポットにあるため、トラブルを起こしやすい傾向にあります。なお、必要のない木材を不用意に敷地内に置かない事も重要です。 

羽アリが現れた場合

家に羽アリが現れてしまった時は、なるべく早く発生個所や原因を見つけることが大切です。羽アリは通常1週間ほどあれば出尽くしてしまうので、出てきたものはひとまず清掃機などで吸い取っておくと良いでしょう。ただし、もう出てこなくなったからといって安心してはいけません。羽アリとなって出てくるのは群全体の約1〜3%です。つまり、羽アリが出尽くしても残ったシロアリ達は木材を食べ続けているのです。羽アリが発生するという事は、建物内や敷地内でシロアリの被害が起こっている確率が極めて高く、油断できません。 

自分でも駆除できる?


DIYショップなどで販売されているスプレーや薬剤で自分で駆除を行うことも知識や経験があれば良いですが、知識もなく駆除を行うとトラブルを拡大させる恐れがあります。自分で害虫の駆除を行った事例の多くで、中途半端に駆除を行ったことによりトラブルを拡大させ、必要以上に大変な事態になってしまったというケースがあります。シロアリの巣を根絶させることが可能なのであれば問題ありませんが、目に見えている羽アリや害虫を駆除しても根本的な解決には繋がらず、この行為こそがトラブルを拡大させてしまう原因なのです。羽アリや害虫を発見した場合は、基本的に専門業者に駆除を依頼するようにしましょう。 

まとめ

軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅の場合、木造住宅と比較して木材を使用している箇所が少ないため、害虫が現れたとしても木造住宅ほど深刻にはなりにくいケースが多くなります。しかしだからといって全く対策をしないのではなく、きちんと定期的に検査を行いトラブルに遭う確率を下げるよう意識することが重要です。害虫の早期発見、早期駆除で大切なマイホームを守りましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 斜線制限について

  2. 人気の中庭を作る前に知っておくべき注意点とは

  3. 木材の特徴

  4. 数百万円の手付金が返金されないかも?住宅ローンの特約の注意点

  5. マンション購入ではなく一戸建て住宅を選ぶ理由

  6. 給湯設備について

  7. 寝室の壁の色~「緑」のもたらす意味とは

  8. キッチンのワークトップ~ステンレス

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP