Loading

残暑を乗り切るための快適バイクグッズを考える

まだまだ残暑は続きますが、バイクに乗るライダーにとって、この時期は暑さとの戦いになります。快適にこの季節を乗り切るための便利グッズをいくつか紹介したいと思います。

ヘルメット内を快適に保つには?

バイクに乗る際に絶対に必要になるヘルメット。万が一事故を起こしてしまったときには、頭を重大な怪我から守ってくれます。しかし、安全性を高めるが故、密閉制も高く夏場は非常に暑くてムレるという側面もあります。もちろん有名メーカーのヘルメットはベンチレーションを設けるなどして通気性を高めているものもありますが、長時間のライディングともなると、やはり不快さは高まります。

そんな時、少しでもこの不快感を取り除くアイテムがヘルメットスペーサーです。ヘルメット内装と頭の間に敷くことで、直接頭がヘルメット内装に触れることもないので、汗で内装が濡れる割合も格段に減ります。また、吸湿性や消臭効果に優れたものもあるので、ヘルメット内を清潔に保てるのです。

通気性を高めるメッシュ素材に注目!

ヘルメット同様、ウェアやシューズに関しても汗やムレによる不快感はつきものです。もちろんウェアやシューズ自体が夏場でのライディングを考慮したものもありますが、多くの人はバイク専用品を持っていないケースがほとんど。新たに購入するとなるとかなりの高額出費にもなってしまいます。

その際に注目したいのがメッシュ素材や放熱素材。特にシューズ用は専用のメッシュインソールが販売されているので、靴の中に仕込んでおけば、靴と足裏に隙間を作りムレを軽減してくれます。適度なクッション性がある商品もあるので、履き心地にも違和感はありません。放熱素材に関しては、インナーに採用されていることが多く、熱を赤外線に変換して放出するというもの。体温の上昇を防ぐだけでなく、接触冷感を持続させてくれるものもあります。

まとめ

暑い時期にバイクに乗る際は、ヘルメット、ウェア、シューズの対応をしっかり行っておきましょう。どれも安全面で言えばしっかりと着用していなければならないものばかりですが、便利な小物グッズが揃っているので、効果的に活用して夏を乗り切りましょう。
執筆者:重松大輔

関連記事

  1. 坪単価で住宅メーカーを選ぶとどうなるか

  2. 狭く寝室を作ることのメリットデメリット

  3. 木材の性質・特徴などについて

  4. これが新しい漬物のスタイル!?

  5. リフォームの際、2重窓にすることによるメリット

  6. 建築家の設計は意匠、機能的に優れている?

  7. 建築家に住宅のデザインも全てお任せすることは可能?

  8. 建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP