Loading

自宅でできる!?簡単な日本酒の熟成方法

ひと昔前までは「おじさんの飲み物」というイメージの強かった日本酒ですが、現在は若者を中心に人気が急上昇しています。その日本酒を含め、日本でつくられるお酒(和酒)には醸造酒と蒸留酒があり、米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させてつくる醸造酒は、熟成させると、より奥深い味わいへと変化します。今回は、日本酒の熟成させるための自宅でできる簡単な保管方法を紹介したいと思います。

熟成により奥深い味へと成長する醸造酒

熟成と言っても、特に難しく考えることはありません。必要な作業としては保管するだけです。温度管理さえしっかり守っていれば、大きな失敗をすることもないでしょう。ちなみに、蒸留酒に分類されるウイスキーやブランデー、焼酎などは基本的に甕の中で熟成が行われるので、一部を除き、瓶詰めされた後の熟成による味の変化はほぼないと言われています。

特に生酒は温度管理が重要

日本酒のなかでも、製造後に一度も加熱されていないものを生酒と呼びます。酵母が生きているため、酒質が変化しやすいというのが特徴です。常温保存してしまうとガラリと味が変わってしまう可能性があるため、保管する際の温度は6℃〜8℃を保つようにしましょう。冷蔵庫の野菜室のような場所が最適です。

ちなみに、生酒とは対照的に殺菌と保存性を高めるために加熱した日本酒(火入れ酒)の保管温度は常温で構いません。暗室やダンボールなどに入れて保管すればOKです。

保管方法と注意点

保管する際は、紫外線を避けるために新聞紙などで瓶を巻いておきましょう。あらかじめ保管する日本酒の銘柄や保管した日時を記録した用紙を、その新聞紙の上に貼っておきます。ちなみに瓶を巻く新聞紙はできるだけ多めが理想です。二重から三重に巻くのがベストです。

まとめ

熟成期間については、特に決まった日数はありません。ただ、長く熟成させてあげれば、その分美味しくなるという人もいますので、1、2年は熟成保管をしてもいいかもしれませんね。特別な日を、熟成させた日本酒で祝うというのも、オツな日本酒の楽しみ方かもしれません。

執筆者:重松大輔

関連記事

  1. ゼネコンの力、大成建設ハウジング|鉄筋コンクリート造の強みとは?

  2. 数百万円の手付金が返金されないかも?住宅ローンの特約の注意点

  3. 伝統的な外光の取り入れ方、障子

  4. 魅力的な進化を遂げ続けるトイレについて

  5. 正しい操作で安全に丸太を作るチェーンソーの使い方

  6. 金融機関が自営業者に対して住宅ローンの融資を行うか否かを判断する際、最も重視して審査するポイント

  7. その家は、本当に注文住宅と呼べますか?

  8. 新築の住宅に欠かせない、インテリアコーディネータの仕事とは?

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP