Loading

ハウスメーカーと建築家、住宅にどんな違いがあるの?

ハウスメーカーと建築家への設計依頼、住宅にどんな違いがあるのでしょうか。ハウスメーカーへ依頼すれば工期が短い、工事費が安いとか、建築家に依頼するとデザインにこだわることができる、など。今回はハウスメーカーと建築家、住宅にどんな違いがあるのか調べてみました。

・安定した住宅が供給可能なハウスメーカー

ハウスメーカーの特徴は何といっても、安定した住宅が供給できること。一言で「安定」と言っても様々な意味があります。例えば耐震性、デザイン、快適性。ハウスメーカーの住宅は一様でつまらない、とも言われます。逆に言えば安定しています。耐震性が安定していることは、地震国日本でとても価値があることです。

またハウスメーカーは企業が大きいので、研究開発にも余念がありませんね。高品質の技術を大量に供給できるのも、大きな会社だからできること。

・自由度が高い住宅が設計可能な建築家

一方、建築家が設計する住宅は一言で「自由」です。何もない真っ白な図面に設計図を描くことが建築家の仕事。0から設計図を描くので、何でも可能。良く言えば、縛りがないので自由度の高い住宅が設計できます。耐震性を最低ランクにして、外観を高品質にしようと思えば可能です。

全ての性能を標準的にするのではなく、ある性能を標準以下、こだわりたい部分を高品質にできます。自分の思い通りの住宅にできるのが建築家に依頼する最大のメリットと言えます。

建築家が設計した住宅をみると、1つ1つの住宅でデザインが違いますよね?これも特徴の1つ。建築家は「同じ家を設計しない」と誰もが思っています。常に新しいデザインを考えているからですね。

・まとめ

今回は、ハウスメーカーと建築家に家を依頼したときの違いを特集しました。ハウスメーカーを一言で言えば「安定」、建築家は「自由」です。どちらが良い・悪いという話ではありません。施主の好みで決めること。但し、一生に一度の家ですから重要な決断、慎重に決めたいですね。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 家を建てるなら知っておきたい地盤の注意点とは

  2. メリット・デメリットは?テクノストラクチャーにおけるあれこれ

  3. 薪を効率的に乾燥させる薪棚のつくり方

  4. 暮らしやすさをもたらす回遊動線

  5. 居心地の良いリビングをつくる方法

  6. 壁面の大規模リフォームなら、オススメはカバー工法

  7. 自宅でもアウトドアでも大活躍! スキレットの魅力とは?

  8. こだわって選びたい断熱材のコスパと性能について

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP