Loading

建築家に設計依頼して、竣工までの期間どのくらいかかる?

建築家に設計依頼すると、竣工までの期間はどのくらいかかるのでしょうか。注文住宅なので、自分の思い通りの家ができます。しかし家の相談から設計、工事に至るまで何かと時間がかかりそうですよね。今回は、建築家に設計依頼したときの期間について調べてみました。

・戸建て住宅の場合、設計から竣工まで1年間かかる

ハウスメーカーの住宅と違って、建築家が設計する家は0からのスタートです。真っ白な図面にあなただけの家を描くのです。まず建築家は図面を描く前に、施主の要望を一通り聞きだします。家族構成から、将来のライフスタイルまでを考慮します。家族に必要な部屋や、どういった間取りにしたいかなど。

家のコンセプトを決めるのです。これを基本設計と言って、建築設計で最も重要な業務の1つです。基本設計がきちんとできないと、いくら細部の設計を緻密にしても方向外れの家ができます。基本設計はおおよそ3カ月程度です。但し、人によっては基本設計の期間が長くかかる場合もあります。

基本設計が終わると実施設計に進みます。ここでは家具の配置や、収納、お風呂の大きさなど細かなことを決めます。実施設計は基本設計と同期間必要です。実施設計が終わると、複数の工事会社に見積を依頼します。そこで施工会社を選定し工事に進みますが、施工会社の選定や見積の調整も2カ月程度必要です。

最後は工事期間です。戸建て住宅で半年程度は見込みます。以上、設計の相談から竣工まで1年かかることも。建築家との家づくりは長丁場です。その分完成した家は、きっと自分の思いが詰まったものになります。

・基本設計を短縮すれば設計期間は短くなる

実は一番時間がかかる設計業務が基本設計です。基本設計では施主の要望を聞き出し、それを具現化していく作業です。外観や内観のイメージを施主が納得いくまで創りなおします。施主が気に入るプランが決定するまで基本設計期間が必要、ということです。逆に言えば、建築家と施主の相性がピッタリであれば、基本設計期間は短くて済みます。

・まとめ

今回は建築家に設計依頼したときの竣工までの期間について特集しました。設計から竣工まで1年程度必要になること、基本設計をこだわるほど期間が必要になると覚えてください。建築家との家づくりは0からのスタートです。真っ白な図面にあなただけの家を描きます。期間はかかりますが、その分思い通りのマイホームが手に入るでしょう。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. あこがれではあるけれど、不都合も多い「大きな窓」

  2. その家は、本当に注文住宅と呼べますか?

  3. 床暖房のデメリットと「どこまでいれるか」

  4. 地鎮祭や上棟式は減少傾向

  5. 大工さんまで自前の住宅メーカー、コグマホーム

  6. 金融機関が重視する年収・年齢を知ると住宅ローン審査に通りやすい?

  7. 年収アップなどの転職でも住宅ローンを組むときは慎重に!

  8. 住宅ローンは変動金利か固定金利の2択で選ぶのが最善な理由

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP