Loading

各ハウスメーカーによる住宅展示場の見どころは?

マイホームを購入する前、色々と情報収集しますよね。特に、住宅展示場は、実際に家の大きさを知ることができます。まさに肌で家を感じる絶好の機会です。住宅展示場はほとんどのハウスメーカーが積極的に設営しているので、各メーカーの違いも知ることができます。今回は、各メーカーの住宅展示場の見どころについて特集します。

・デザイン?耐震性?省エネ?特徴をチェックすること

ハウスメーカーは各社独自の技術や特徴を持っています。例えば輸入住宅の外観を得意としているメーカーもあれば、古民家風の住宅を得意とするメーカーも。また外観よりも耐震性の技術や、免振技術に特化したハウスメーカーもあります。住宅展示場に行ったなら、各社の特徴をみてください。

もちろん見ただけではわからない、という方もいますよね。そんな時は「このモデルハウスの一番の特徴はどこですか?」と素直に聞きましょう。特に、家の耐震性は外観に表れないので、聞いてみて初めて知るのかも。各メーカーの特徴を調べたら、あとは自分が優先したいポイントと照らし合わせて、最も合うメーカーを選定しましょう。

・標準装備なのか、オプションなのか?

モデルハウスの場合、見栄えや内観を良くするために、オプションをつけている場合があります。つまり標準装備ではないのです。これを知らないと実際にモデルハウスを購入してみて予定と違ったとか、大幅に金額が大きくなったと問題になることも。見学してみて気に入った造りがあれば、それが標準装備なのか、それともオプションで付けてもらったのか確認してくださいね。

・まとめ

今回は、ハウスメーカーの展示場について違いをしるための見どころについて特集しました。家を肌で体感できる住宅展示場はとてもおすすめ。各メーカー独自の技術や特徴をもっているので、モデルハウスで実感しましょう。またモデルハウスの外観、内観が標準装備なのか、という点も確認したいですね。別途、オプションが必要になると、費用が大きく変わる可能性もあるため注意しましょう。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 天井までのドアのメリットデメリット

  2. 台所の照明を考える

  3. 寝室と家具、置くべきもの置かない方がよいもの

  4. オーダーキッチンをローコストでつくるには

  5. 浴室とバルコニーをつなげ、開放感のある浴室に仕上げる

  6. 建築家との家造りを途中でやめたらどうなる?

  7. どんな工夫をすればいいの?風通しの良い家をつくるために

  8. スキップフロアの導入で狭い家を広く感じさせよう

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP