Loading

親との同居も安心!高齢者に優しい家づくりをしよう

超高齢化時代に突入し、親と同居することを前提にマイホームを建てる人も年々多くなってきています。そうなると、必然的に高齢者でも暮らしやすい設計の家を建てる必要性が出てきます。では、具体的にどういった家であれば高齢者が暮らしやすいのでしょうか?将来の自分のためにも、高齢者に優しい家づくりを考えてみましょう。 

トイレと寝室はすぐ近くにする


高齢者になると、どうしても夜中にトイレに起きるということが多くなります。そして足腰も弱っていて移動に時間がかかってしまうので、なるべく寝室とトイレは近い距離につくっておくと良いでしょう。水周りを後から移動させようとすると、どうしても配管工事が必要となるので簡単にはいきません。そういったことも考慮して、予め寝室にしようと考えている部屋の近くにトイレをつくることをおすすめします。理想は寝室を出たら目の前がトイレという設計です。

または、新築時に将来のリフォームのことまで想定して配管工事を行っておくのも一つの方法です。そうすることで後からでも比較的簡単にトイレを移動させることができるのでおすすめです。将来の様々な可能性を考えて、柔軟に対応できる設計にしておくと良いでしょう。 

ワンフロアでも生活できる設計

高齢になり足腰が弱くなると、階段の上り下りも辛くなります。そんなときのために、1階のワンフロアだけでも生活が成り立つような設計にしておくこともおすすめです。例えば元気なうちは、広いLDKを1階で寝室は2階という設計でもいいですが、将来広いLDKの一部を小さな寝室に変えられるような仕様にしておくのも良いでしょう。1階に客間や納戸をつくっておき、将来そのスペースを寝室やホームエレベーターをつくるスペースとして使用するプランもおすすめです。 

完全バリアフリー設計

近年はバリアフリー住宅も増えてきましたが、ほんの少しの段差も無いようなつくりにすることがおすすめです。高齢になると、カーペットの段差のようなほんの少しの段差でもつまづいてしまう恐れがあります。明らかな目立つ段差には注意するのであまりつまづかないのですが、ほんの少しの段差には気がつかないでつまづいてしまうということが多いのです。

引き戸はなるべく敷居のいらない吊り戸にしたり、敷居がある場合は床に埋め込んでV字レールを使用したりするなどして、とにかく徹底的に段差をなくします。滑りやすく危険が多い浴室と脱衣所の間には、段差解消のための「排水ユニット」を導入して、段差をなくすようにすると良いでしょう。家中の段差という段差をすべてなくすくらいの気持ちで考えてみてください。 

建具はドアよりも引き戸


高齢者にとっては少しの動きも負担となるため、建具はドアではなくなるべく引き戸を導入するようにしましょう。引き戸であれば、ドアの開閉時のように体をよけたり引いたりしなくていいので、高齢者はとても楽に開閉ができます。

将来車椅子生活になったときのことを考えても、引き戸にしておいた方が断然楽に生活できます。開口部を75cm以上にしておけば、車椅子でもスムーズに通ることができるのでおすすめです。また、引き戸はドアとは違い開けておいても邪魔にならないので、夏場は開けておいて風を通すこともできるので非常に便利で実用的です。 

手すり用下地を入れておく

将来足腰が弱ってしまったとき、私生活で頼りになるのが「手すり」です。しかしこの手すりを設置するには、ビスで固定するための下地が必要となります。柱や間柱を狙って固定すれば特別な下地はなくても設置できますが、間柱のない壁には太い帯状のベース板というものを壁に固定しなければならなくなります。

ベース板を付ければ手すりの設置は可能にはなりますが、正直見栄えが良いとはいえません。予め下地補強をしておけばベース板も必要ないので、将来手すりを付ける可能性がある場所には新築の時点で下地材を入れておくことをおすすめします。介護保険制度を利用して手すりを設置することもできますが、その際にも下地補強がしてあると施工がとてもスムーズに行えます。 

置き家具は減らして造りつけ家具に変える

現在の50代以上の年代の人たちは、タンスや食器棚、鏡台など大きな家具をたくさん持っている世代の人たちです。長年愛用し、今でも大切に使っているという人は多いと思います。そういった思い入れのある家具立ちですが、引っ越しを機に思い切って処分することも考えてみるべきです。というのも、地震大国日本ではいつ大きな地震がきてもおかしくない状態です。大きな地震がくると、そういった置き家具たちは倒れてきてしまう恐れがあります。そうなると、機敏に動くことが難しい高齢者は非常に危険な状態に陥ってしまうことが想像できると思います。

そういったことへの対策として、置き家具はなるべく処分して減らし、その代わりに造りつけの家具に変更するということも検討してみる価値はあると思います。どうしても思い入れが強くて捨てられないという場合には、そういった置き家具専用の納戸をつくってみるのも一つに手段です。置き家具はそのスペースに設置するようにし、寝室やリビングなど普段多くの時間を過ごす場所にはなるべくそういった家具を置かないようにしましょう。 

まとめ

現在の日本は誰もが長生きできる時代なだけに、時代に合わせたベストな家づくりをする必要があります。少子高齢化時代では子供部屋が少なくて済む分、親や自身の将来のためにそのスペースを使わなければなりません。高齢者でも安全快適に暮らすことができる家とはどういった家なのかをよく考えて設計することで、親にも喜ばれ将来の自分を助けることにもつながります。今すぐ必要ではないことも多いとは思いますが、長く住むことになる家なので先を見据えた設計をしておくことをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. リビングに書斎を設ける

  2. 薪ストーブの燃料である薪を効率的に燃やすためのノウハウ

  3. 新しく家を建てる時、リフォームする時、どのように業者を決めるの?

  4. 住宅ローンの有利な借り換えが簡単に選択できるスマホアプリ

  5. 建築家との家づくり。いつ設計料を支払えば良い?

  6. 家を小さくしてでも庭を広く取るという選択肢

  7. メリット・デメリットは?木造軸組構法におけるあれこれ

  8. 薪を効率的に乾燥させる薪棚のつくり方

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP