Loading

建築で使われる木材の種類と特徴を理解しよう

木造住宅の建築には様々な木材が使用されています。それぞれに特徴があり、最適な役割も異なります。そういった木材を適材適所に使用することで、一軒の家が建っているのです。このように多くの木材が使用されている中で、特によく使用される木材の特徴についてご紹介していきます。 

加工しやすい「スギ」


スギは柔らかい材質のため加工がしやすいことが特徴の木材です。日本の住宅でも構造材をはじめ板材、集成材など非常に多くの場面で使用されています。スギは木材としては軽いので扱いやすく、柔らかいので衝撃吸収力にも優れています。調湿機能や断熱性にも優れるなどメリットの多い木材ですが、傷がつきやすいことや耐水性に劣る点などデメリットもあるので理解しておきましょう。 

適度な強度の「マツ」

マツにはヤニが多く含まれており、粘りがあることが特徴的な木材です。そのため圧縮力に強さを発揮し、適度な強度を誇る木材でもあります。梁などのいわゆる横物として使用されることが多く、比較的安価で加工もしやすいことから建築材料としては重宝されています。国産の「アカマツ」、輸入材の「ベイマツ」として分けられることも多いですが、どちらも基本的に構造材や下地材として使用されていることは共通するところです。 

高級感のある「ヒノキ」


ヒノキはスギと同じく日本の住宅でよく使用されている木材の一つです。比較的高価な木材なこともあり、総ヒノキの家は「贅沢な家の象徴」と言われることもあります。ヒノキには防虫効果もある「ヒノキチオール」というリラックス成分が含まれており、独特の香りも人気の理由の一つです。
光沢が美しく香りも良いことから、ヒノキは昔から化粧材としても多く使用されています。しかし加工性が高く耐水性・耐久性にも優れていることから、柱や土台といった構造材に使用されることもあります。伐採後からどんどん強度が増していくことも特徴で、100年もつ木材として日本の木造住宅では昔から人気の木材です。特に「木曽ヒノキ」「吉野ヒノキ」はヒノキの中でも高級品として人気があります。 

菌に強い「ヒバ」

ヒバはヒノキと同じヒノキ科の樹木です。そのため似ている部分も多く、ヒノキ同様ヒノキチオール成分が豊富に含まれています。抗菌力に関してはヒノキ以上とも言われ、土台など構造材にもよく使用されます。菌に強いということから、料理店の厨房では高級まな板としても活躍している個性的な木材です。使い方によってはヒノキよりも重宝しますが、ヒノキに比べ安価で手に入れることができます。 

土台には「ツガ」

ツガは耐久性が高い反面、硬い材質で加工性には劣ることが特徴の木材です。土台を中心に構造材に使用されることがほとんどですが、国産のツガは天然材が減ってきており希少性が高くなっています。そのため現在使用されているツガは北米産のベイツガであることがほとんどです。昔は武家屋敷等で好んで使用されていたという興味深い木材でもあります。 

狂いが少ない「サクラ」

日本人には馴染みの深いサクラの木も建築材料として使用されています。国内で主に流通しているのは「ヤマザクラ」という種類のサクラとなります。どちらかというと安価に手に入れることができる木材ですが、反りや狂いが少なく強度にも粘りがあることが特徴です。クセが少なく素直な材質で、扱いやすいというメリットもあります。さらに害虫にも強いことから人気があり、質の良いサクラは現在値が上がり続けています。光沢もある木材なので家具などにも使用され、きちんと手入れを行っていれば味のあるツヤを出すようになるのも魅力です。 

強靭さが持ち味の「ケヤキ」

建築材としての馴染みは浅いケヤキですが、強靭性・耐久性に優れることから昔は大黒柱などの構造材として好んで使用されていた木材です。比較的高価な木材でもあります。とにかく硬いという材質に加え、狂いも大きいことから高度な加工技術が求められる木材です。建築材以外の用途としては、家具や食器類、太鼓の胴部分などでも使用されており、日本文化にとっては馴染み深い木材でもあります。 

フローリングに多い「ナラ」

「オーク」とも呼ばれる「ナラ材」は北海道で多く伐採される木材で、海外へも多く輸出されてきました。アンティーク家具などにも多く使用されている木材ですが、その硬い材質から現代の建築現場では主にフローリング材などの床材として使用されることが多くなっています。独特の「虎斑(トラフ)」が特徴的な木材です。 

まとめ

建築に使われている木材には非常に多くの種類があり、今回はその中の一部をご紹介しました。スギやヒノキといったよく聞く名前から、あまり耳にすることのない名前もあったのではないでしょうか。これらの木材にはそれぞれ得意な役割があり、適材適所で使用されて木造住宅は建てられています。これから新築住宅を建てる人は、どこにどういった木材が使用されてマイホームが建っていくのかを知ることも、楽しみの一つとなるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅建材における塗装のあれこれ

  2. 現代だからこそ感じる木造住宅の魅力

  3. 地震にあったら住宅ローンはどうなる?地震保険への加入で大丈夫?

  4. 都市に建てる住宅、「箱の家シリーズ」とは?

  5. 長期優良住宅について

  6. 「ペアローン」と「収入合算」について。2つの住宅ローンの組み方

  7. 「早い・安い」だけを求めたときの危険性とは

  8. 生前贈与で贈与税対策と住宅ローン控除を併用するときの注意点

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP