Loading

建築家に依頼した住宅の工事費を極端に増やさないためには?

他の商品と建築物が違う点、それは工事が始まるまでお金がいくらかかるか分からないことですよね。これは施主にとって、一番の不安だと思います。では工事費が予算とかけ離れた価格にならないためにはどうすればよいのでしょうか。

・自分たちが払える工事費を建築家へ明確にしよう

設計図は私たちの要望を聞いて作成されます。途中で要望が追加になると工事費が増額になる可能性もあります。そこで、自分たちが払える予算を明確に提示しておくことが必要です。3000万円くらいなどと曖昧な金額を建築家に言うと、では3100万円や3200万円では良いのかと思われます。

施主自身も3000万円という大きな金額に対して100万円や200万円が小さく感じて、了承してしまうことも少なくないのです。ですから、必ず払える金額を明確に。また概算金額を算出してもらうことや、過去の設計例を元に工事金額を確認することも効果的です。

ただし概算金額とは、坪単価×坪面積で算出される金額です。最終的な工事金額と差異がある点には注意しましょう。過去の設計例の工事費を聞くことも有効で、例えば想定予算で建てられた住宅を見せてもらうと、仕上げりのイメージもつきます。

・自分たちのこだわりポイントをおさえておこう

工事費が概算金額より増額になる場合、設計途中での要望追加が原因です。もちろん要望が増えることはしょうがないですし、それは建築家の対話不足でもあります。しかし、工事費が増額になることは避けたいですよね。そこで増額を避けるポイントを紹介します。それは、自分が最もこだわるポイントを押さえておくこと。

例えば、キッチンに最もこだわりがあるのなら、他は低グレードの材料を使います。設計途中で要望を追加した、と感じたのなら、ほかの部分で下げられるところがないか建築家に逐一確認しましょう。何も、全て標準グレードや高グレードにする必要はありません。自分たちが全くこだわりのない場所にお金をかけて増額になるのなら、こだわりポイントをおさえておくべき。

・まとめ

工事費は工事が始まるまでわかりません。これは施主にとっては一番の困りごと。概算金額を出してもらうことはもちろん、自分たちの予算を明確にしましょう。また、建築家が過去の設計した住宅の工事費を聞くことも有効です。後で工事費が増額しないよう注意したいですね。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. .子ども部屋を確保できない時の対策

  2. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

  3. トップライト(天窓)を作る効果と注意点

  4. 心地よい浴室をつくる意外な方法とは

  5. 次に買うテントはコレ!膨らませるだけで自立するエアーフレームテントの実力

  6. 壁の仕上げ材の種類と選び方について

  7. 北面道路の土地で家を建てる際に気を付けるべきポイント

  8. 冬場に家を建築するときの注意点

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP