Loading

北向きの暗いトイレにはトップライトを設置しよう

トイレの位置が北向きになってしまう設計の家も少なくないですが、やはり北向きだとどうしても暗い印象の空間になってしまいます。しかし、そんな北向きトイレにもトップライトを設置してあげるだけで印象は驚くほど変わることでしょう。北向きであったり壁面に窓が取れない位置にある2階トイレには是非導入を検討する価値はあると思います。 

トップライトをトイレにも

トップライトと聞くと、ほとんどのケースで部屋の中であったり階段や廊下を想像すると思います。一般住宅でトイレにトップライトをつくる家というのは、かなり少数派であるのは事実です。しかし2階トイレがどうしても北向きであったり窓が取れないという設計の場合には、トイレにトップライトをつくってしまっても何も問題はありません。トップライトをつくるだけで非常に明るくなり、印象は大きく変わるはずです。トイレは来客の際にも使用する場所なので、できれば明るい空間にしておきたいですよね。 

さらに明るく見せる工夫

暗いトイレにトップライトで光を取り込める設計にしても、それで満足するのではなくさらに明るく見せる工夫もしてみましょう。具体的に何をするのかというと、壁のクロスやその他トイレの中にある備品類を白系の色に統一することです。ご存知の通り白は光を反射してくれる色なのでトップライトから取り込んだ光をトイレ中に広げてくれます。すべてを真っ白にする必要はありませんが、クロスや収納の扉を白にするだけでも随分と明るくなるのでおすすめです。 

まとめ

トイレにトップライトという発想はなかなか思い付かないかもしれませんが、暗い2階トイレには抜群の効果を発揮するので非常におすすめです。そしてせっかく取り込んだ光を無駄にしないように、トイレの中は明るい色で統一しましょう。たったこれだけで、暗いはずの北向きトイレや窓なしトイレを明るくすることができるので、これから注文住宅を建てる人は覚えておくと良いでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 机上で楽しむ1/6サイズの人気モデル

  2. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

  3. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

  4. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  5. 高齢者に配慮した住まい(バスルーム編)

  6. ペット専用扉をつくっていつでも出入り可能にしよう

  7. 無理のない住宅ローンを組むために注意すべきポイント4選

  8. 長くすむことを考えると、二世帯住宅のベストな間取りとは? 

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP