Loading

建築家にプランを作成してもらうだけで費用が発生する?

メーカーにプラン作成を依頼したら無料だったけど、建築家は費用が発生しそう。そんな声も聞きます。メーカーの場合、住宅は商品です。そのため、図面は新たに描くわけではなく、標準的な図面があります。つまり一からプランを作成しないことが多い。だから無料でプラン作成(過去のプランを提示するなど)ができます。

一方、建築家は何もない状態からラフスケッチ、基本図、実施図といった段階を踏んでプランを作成してきます。今回は、プラン作成に関する費用について説明します。

・無料でプラン作成(平面図、立面図、断面図)を行う事務所もある

設計事務所の中には、無料でプラン作成を行う事務所もあります。しかも平面図、立面図、断面図の作成を何度でも変更可という驚きの会社も。通常、これらの図面を用意するために数週間以上の日数が必要。それを無料で行うのは、過剰サービスかもしれません。タダより高いものは無い、というように安さに飛びつかないよう注意したいものです。

・多いのは1回目が無料、次回は有料。3万円以上を考えよう。

多くの事務所は1回目だけ無料でプラン作成を行っています。但し、次回は有料になって費用は3万円以上になるようです。大幅なプラン変更は施主、建築家共に悲しいことです。そうならないためにも、相談の段階でしっかりヒアリングしてもらいたいですね。逆に言えば、何回もプラン変更させる建築家には依頼すべきではない。相談の段階で、こちらの要望を汲み取る建築家に設計を依頼しましょう。

・まとめ

今回は、建築家にプラン作成を依頼すると費用が発生するか説明しました。1回目は無料という事務所もあれば、何回でもOKという会社も。但し、平面図、立面図、断面図の作成は普通数週間も係る業務のはず。それを何度も変更した挙句、お断りの返事をするのはお互いが心苦しいこと。

プラン作成の前に、しっかりと自分達の要望を伝えることが重要です。また大幅なプラン変更を要望する場合、費用が発生することもあるので注意してください。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 知っておくべき人感センサーライトの便利機能

  2. ゼネコンの力、大成建設ハウジング|鉄筋コンクリート造の強みとは?

  3. 軽量鉄骨住宅の利点・欠点

  4. 北向きの暗いトイレにはトップライトを設置しよう

  5. 不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

  6. 外断熱・内断熱のメリットとデメリットとは?

  7. 外観だけではない、スウェーデンハウスの魅力 〜ツーバイフォーの強みとは?

  8. 気軽な気持ちで入ってみよう!!住宅設備機器メーカーのショールーム

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP