Loading

建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

建築家に設計を頼むと費用が高くなる、と思う方は多いようです。これは少し語弊があります。確かに高くつく場合もありますが、予算に応じてフレキシブルに対応できるのも建築家ならでは。画一的なメーカーにはできない対応です。建築家に頼むと費用が高くなる?という疑問に答えていきます。

・建築家に依頼すると設計料、設計監理料が見積もりに追加されている

建築家に設計を依頼すると、ある費用が上乗せされます。それが「設計料、設計監理料」です。設計料は工事費の10%が一般的。例えば工事費3000万円の住宅であれば、300万円が別途請求されます。これを高いから、メーカーが良いという方もみえます。しかし、メーカーは必ずしも安いとは言えません。例えば広告。テレビCMでハウスメーカーの広告を見たことがありませんか。もちろん無料でCMを流していません。

お金を支払っています。そして、その費用は住宅一戸の設計料や工事費に上乗せされています。それでも住宅費用が安い理由は、別の部分でコストを下げているから。果たしてどちらがコスト的に優位なのか一概には言えません。

・予算に合わせたフレキシブルな設計が可能

建築家に設計を依頼するメリットはフレキシブルな設計が可能なこと。商品的なメーカーの住宅は、せいぜいグレードを下げる程度。しかし建築家に設計を依頼すると、こだわりたいポイントは材料のグレードを上げて、興味の少ない箇所はグレードを下げる。そうやってコストに見合った設計を提案します。例えば、どうしても吹き抜けのある住宅にしたい、というコンセプトは守る代わりに、他の部分を安くするのです。

・まとめ

家を建てるとき「建築家に頼む」という選択肢は、まだまだ一般的ではありません。多くの方は、建築家はお金持ちが頼むものだと考えています。一方で、建築家がテレビやインターネットで身近な存在になり、1000万や2000万円台の低コスト住宅を設計してから、「低コストでも建築家に頼める」ことが世間に浸透し始めたようです。

建築家に依頼すると、必ずしも高くなるわけではありません。予算に応じて、材料のグレードを下げる、こだわる部分はグレードを上げる、などメリハリある設計でコストを下げることができます。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 8割が「寒い場所がある」と答えた住まいの家庭内寒暖格差

  2. 駐車場スペースを設ける際に、注意しておくべきことをご紹介

  3. 壁や天井に使う石膏ボードの種類や特徴について

  4. ロフトのある家、メリットとデメリット

  5. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  6. フラットにつながるバリアフリー玄関に一工夫

  7. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  8. ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP