Loading

家事の動線にこだわった合理的な家を建てよう

住みやすい家をつくるには、私生活の動線を意識した間取りにすることが最も合理的です。特に毎日のことである家事を優先的に考えた動線であれば、ストレスの少ない毎日を過ごすことができるでしょう。そんな動線にこだわった合理的な家についてご紹介します。 

サンルームに洗濯機置場を

毎日行う家事の1つに洗濯があります。一般的な2階建ての家では洗濯機が1階にあり、洗濯物を干す場所は2階のバルコニーというパターンが非常に多く見受けられます。しかし、洗濯機で濡れて重くなった洗濯物の山を階段を上って2階まで持ち上がるのはかなりの重労働となります。特に家事をすることが多い女性にとっては大きなストレスとなっているはずです。そこで提案したいのが、2階にサンルームをつくりそこに洗濯機を置くという設計です。こうすれば洗濯後にすぐ横で干すことができますし、サンルームなので雨の日でも気にせず干すことができます。晴れていれば窓を開ければバルコニーに干しているのとほとんど変わらない環境になるので、非常に便利になるはずですよ。 

L型キッチン+対面キッチン

L型キッチンは家事動線に優れているとよくいわれますが、それにプラスして対面型キッチンもつくってあげるとより便利なキッチンになります。「L型+アイランド型」のような形です。料理をする人と食べる人が向き合って話ができるようにしたいという要望が多いこともありますが、つくった料理をすぐにキッチンから出せるため運ぶ手間が省けるというメリットもあります。そういった家事動線を考えても、L型+アイランド型はおすすめできるキッチンの形です。また、キッチンの調理台の高さは一番良く料理をする人の身長に合わせてつくっておくと腰を痛めなくて済むのでおすすめです。 

まとめ

家事動線のことをあまり考えず家を建ててしまうと、家事をする人は非常にストレスの溜まる毎日を過ごさなければなりません。家事は毎日することであり、家は何十年も住むことになるであろう場所なので、細かなところにも気を配った合理的な住宅にすることも魅力的な家の形だといえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. オーダーキッチンをローコストでつくるには

  2. 高齢者に配慮した住まい(階段・廊下・玄関ホール)

  3. 住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと思っていませんか?

  4. ゼロエネルギーハウスのすすめ

  5. 地鎮祭や上棟式は減少傾向

  6. 玄関の収納は最大限大きくつくって開放感を出す

  7. 住宅ローンの有利な借り換えが簡単に選択できるスマホアプリ

  8. 家の中と外の境界線を曖昧にすることの意味とは

PICKUP

  1. トイレリフォームの注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP