Loading

新しく家を建てる時、リフォームする時、どのように業者を決めるの?

シェアが大きいのは地場の優良工務店

みなさんは家を建てる時、あるいはリフォームをする時に、どうやって業者を決めるでしょうか? 家を建てる場合まずどこに依頼するかは、以下の3パターンのどれかになると思います。

①ハウスメーカー
②工務店
③設計事務所/設計士

ハウスメーカーには一般的に知られている会社が含まれているため、シェアが高いように思うかも知れませんが、意外とそうではありません。シェアだけで言うと、工務店が8割弱ぐらい、ハウスメーカーが2割弱ぐらい、そして設計事務所が数%ぐらいだと言われています。まだまだ地場の工務店の力は強いのです。木造の戸建住宅を建てる工務店には、地元の杉や檜を使った魅力的な家を建てる会社も見かけます。

ある程度予算がある場合は、ハウスメーカーのグレードの高い住宅を建てるのは、安心感もあり楽だと思います。ある程度パッケージ化されているので、内装や設備を選択する感覚で家が出来ると思います。

デザインにこだわるなど、より魅力的な家を建てるなら設計事務所に!!

もう少しこだわりの家が欲しい場合は、設計事務所に依頼するのも良いです。設計事務所はその名の通り、設計をメインに仕事をしている人たちなので、デザイン力が高いと言えます。こだわりの家でなくても、変形した敷地や傾斜地に家を建てるような難しい敷地に対しては、設計の専門家にお願いする意味は高いと思います。

家を安く建てたい場合は、工務店に直接依頼するか、ローコスト住宅が得意とうたっているハウスメーカーに依頼するのが良いです。たまにローコスト住宅が得意という設計事務所もありますが、私が見る限りでは、あまり魅力を感じません。設計事務所に依頼するならば、ミドルコストかハイコストの物件の方が相対的に魅力的な家が出来ると思います。

工務店の中にもいくつかタイプに分けられます。ハウスメーカー同様に、設計・施工を行っていて、品質保証や融資に関する相談も受けられる、比較的規模の大きな会社もあります。その他には、分譲住宅会社の施工下請けを専門とする会社(職人集団)や、ハウスメーカーの下請け専門会社、そしてリフォーム専門業者です。

建築やインテリアの知識がある程度あるならば、分譲住宅会社の施工下請け会社に直接依頼するという方法もあります。これだと住宅メーカーに依頼するよりも、10~15%程度安く出来ると考えられます。いずれにしても、家造りやリフォームを楽しもうという気持ちを持ちながら取り組むと良いと思います。

執筆:LIFESTYLES編集部

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 3階建ての家を建てるなら覚悟しなければいけないこと

  2. 木造住宅の屋根はどのような構造になっているのか

  3. コートハウスってどんな家?

  4. ぐっすりと眠れる快適な寝室のつくりかた

  5. 預金連動型住宅ローンのメリットを生かす使い方とデメリット

  6. 子ども部屋、最低何畳が必要?

  7. 奇抜な「らせん階段」のメリットとデメリット

  8. 用途地域について

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP