Loading

家の中と外の境界線を曖昧にすることの意味とは

家の中と外の境界線をわかりにくくすることで、一般的な家では感じることの難しい生活を楽しむことができます。家の中と外をはっきりとわけている設計の家が多い中で、曖昧にする意味はどういったところにあるのでしょうか。その効果について解説します。 

広さを感じさせる

家の中と外の境界線を曖昧にすることで、どこまでが家の中なのかわかりにくいため室内を広く感じさせる効果が期待できます。これを実現させるには土地いっぱいに家を建てるのではなく、一回り建物を小さくする必要があります。庭や玄関先のスペースを広くとり、造園を工夫して「森の中に佇む一軒家」のようなイメージにすることで、いつのまにか家の中に入っていたというような錯覚をつくり出すことができるでしょう。 

中と外の中間地帯をつくる

玄関を二重構造にすることにより、家の中と外に中間地帯をつくることができます。この中間地帯はご近所さんなどのちょっとした来客の対応などにも便利です。また、スペースを広くとることで自転車を置いたり趣味の道具を置くことができ、室内には置きたくないけど雨風にも当てたくないようなものを置いておくには玄関より便利です。鍵付きの収納スペースなども確保しておくとより良いでしょう。家の中なのか外なのかわからない中間地帯は、住んでみると意外と活躍する便利な空間になるはずです。 

まとめ

自然あふれる庭を歩いていたらいつのまにか家の中に入っていたり、中なのか外なのかわからない中間地帯をつくるといった設計の家は、慣れない人にとっては不思議な感覚に陥ります。住んでいる人にとっては便利なメリットがたくさんあり、訪れるお客さんにとっては不思議でおもしろいつくりの家となるため、誰にとっても魅力のある家ができあがります。ちょっと変わった不思議な家を建ててみたい人にはおすすめできる設計です。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 活用しよう!地方公共団体の住宅ローン支援制度

  2. 子供部屋づくりは成長に合わせた見直しがポイント

  3. マイホーム購入の際、マンションを選ばずに一戸建てを選ぶ人に多い理由をご紹介

  4. クオリティに差が出る「角」の技術

  5. 中庭をコの字型に囲むことのメリット

  6. 和室づくりに学ぶ4つの様式

  7. 新築住宅購入者の平均年齢と収入額について

  8. 住宅ローンのシミュレーション計算を使うときの間違いやすいポイント

PICKUP

  1. トイレリフォームの注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP