Loading

住宅の設計をアトリエ系設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

住宅を建築家に依頼するとき、組織設計事務所とかアトリエ系設計事務所、という言葉を目にします。アトリエ系? 組織? 同じ建築家ではないのか、と思いますよね。建築士法で明確に定められた区分ではありませんが、建築業界では一般的に認知された呼び方です。今回は、アトリエ系設計事務所とは何か説明します。

・斬新な意匠(デザイン)をお願いするならアトリエ系の設計事務所へ!

アトリエ系設計事務所とは、建築家の磯崎新さんが自身の設計事務所を「磯崎新アトリエ」と名付けたことが始まり、と言われています。現在では、「アトリエ系」と言えば「斬新でおしゃれなデザインを行う設計者集団」といえます。アトリエ系設計事務所は少数精鋭であることが特徴です。その理由は、トップ(建築家)が頭になって所員たちと設計図をつくりあげます。

あくまでも、トップの建築家がデザインを考えることが特徴です。最近では珍しく徒弟制度が色濃く残る設計事務所で、所員も所長のデザインを勉強したくて入所します。有名建築雑誌や建築学会の賞を受賞する設計事務所の多くが「アトリエ系」の設計事務所です。

・住宅の設計を行うアトリエ系設計事務所もある

このような説明を聞くと住宅の依頼なんて受けてもらえない、と思うかもしれません。必ずしもそうではないのです。例えば、有名な建築家の安藤忠雄氏。彼の処女作は一般の住宅でした。「住吉の長屋」という作品です。住吉の長屋は中庭を設けたRC住宅ですが、日本の建築界に衝撃を与えました。この作品で、安藤氏は一躍トップ建築家の仲間入りを果たします。アトリエ系の設計者は独立して自分の作品を残したい、と思っています。ですから、小さい大きいに関わらず新築建物を設計できることを望んでいるのです。

・まとめ

建築雑誌やテレビで見るような斬新な住宅。自分には手の届かない存在だと思ってしまいます。アトリエ系の建築家は、設計料やこだわりが普通の建築家より高いことは事実。ただし、住宅設計を断っているわけではありません。特に、有名アトリエを卒業した建築家は、とにかく多くの新築物件を手がけたいと思っているでしょう。そんな若手建築家を探してみれば、斬新でおしゃれな住宅を設計してもらえるかもしれませんね。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 高気密高断熱は本当にスグレモノ? 地域とライフスタイルで工法を選ぶ

  2. 注文住宅の建築でよくある失敗とは?

  3. 知っておくべき規制「斜線制限」

  4. 建築家の設計は意匠、機能的に優れている?

  5. 来客が多い家には離れ風のゲストルームをつくろう

  6. 建築家と施工会社の関係性とは?

  7. L字型キッチンのメリットと特徴

  8. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP