Loading

住宅の設計を組織設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

組織設計事務所、と聞くと馴染みが無いように思います。普通の建築設計事務所と違うの? と思いますよね。実は少し違います。普通の建築設計事務所は、建築家が1人いて所員が数人という形態。所員がデザインに口を出すことはありませんし、基本的に意匠設計者のみ。一方、組織設計事務所は多くの職能を持った設計者集団です。では、私たちが組織設計事務所へ住宅を依頼するメリットは何か考えましょう。

・構造、設備、意匠の3専門家が集まる設計集団

組織設計事務所の大きな特徴は、構造、設備、意匠と3つの設計専門家が集まっていること。彼らはそれぞれに高度な専門知識を持って1つの建物に向かっています。だから「組織」というわけです。

建築設計事務所の場合、職能的には意匠設計者しかいないので構造計算や設備機器の配置は、別会社に外注します。外注すると図面の不整合があり(建て主さんの意思が伝わりづらい)、設計工期も長くかかります。

一方、組織設計事務所なら1つの会社に3つの専門家が集まっているので、3分野の調整がスムーズです。設計工期も短くて済みます。また、彼らは1つの分野に対して専門性を突き詰めるため、専門的な能力も高いのです。

・1つの会社で設計が完結するからチェック体制も緻密

またトップダウン式の建築設計事務所と違って、組織設計事務所は各分野間で横の連携があります。例えば意匠設計者のデザインに対して、構造設計者が「これでは住宅の安全性が確保できないから、柱を大きくしたい」など。このやり取りを設計工期まで行うことで、設計図の間違いが無くなります。意外に思われるかもしれませんが、設計図に間違いは付き物です。

車や工業部品と違って、人の手で作成されているからです。3分野間で図面をチェックし合うので、お互いの不整合が無くなります。3つの専門家がアレコレ話し合うわけです。設計図はより良い方向へレベルアップします。

・まとめ

以上のように、組織設計事務所へ住宅設計を依頼することは、より性能の高い住宅を望めます。建築家だけでは考えなかった耐震性や、居住性を専門家の立場から意見するからです。組織設計事務所は小規模から大規模な会社まで様々ですが、比較的小さな会社の方が住宅の設計を行っています。電話やメールをして、お金をとられることはありません。一度コンタクトをとられてはいかがでしょうか。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 建築家との家づくり。いつ設計料を支払えば良い?

  2. 高気密高断熱住宅で快適に暮らすためのポイント

  3. 大手住宅メーカーと地元工務店はどちらが良いか

  4. 開放感・デザインなど、人気の高い「勾配天井」について。

  5. 大工さんまで自前の住宅メーカー、コグマホーム

  6. 家を建てる時に必要な「祭事」とは

  7. 家を小さくしてでも庭を広く取るという選択肢

  8. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP