Loading

施工品質の決め手となるのは「職人」と「現場監督」

マイホームを建てるときにどうしても気になるのが施工品質だと思います。人生で最も高い買い物であるマイホームを手抜き工事で建ててもらいたくはありませんよね。そういったことから「信用」を基準に建築会社を選ぶ人も多いと思います。しかし、施工品質は必ずしも建築会社で決まるとは限らないのです。

実作業を受け持つのは「下請け職人」

建築会社で施工品質が決まらない理由は、実際に作業をする職人が下請けであることがほとんどだからです。会社が専属で契約しているような職人さんもいますが、大手の会社になれば軒数が多いため自社では職人を抱えきれず下請けに出すのです。そういった下請け職人は様々な会社の仕事をしているため、一流企業の家も三流企業の家も同じ職人が建てているということはよくあることなのです。

良質な施工をしてもらうために

基本的に施工品質というのは職人と現場監督の質で決まります。もちろん外部からのチェックが入る場合もありますが、細かい部分は職人と現場監督の裁量で決まります。つまり質の高い施工をしてもらうにはこれらの人たちにしっかりと仕事をしてもらうことが必要不可欠なのです。そのために施主ができることは、最低限の知識は身につけしっかりと疑問点を質問することや、良好な人間関係を築くことが大切です。職人はロボットではなく人間なので、やはり最後は気持の部分も大きく関わってきます。

まとめ

建築会社によって様々な特色があり、どこの会社で建てるかを決めるところからマイホーム購入の楽しみは始まっています。しかし大手の建築会社だからといって、それだけで品質が完全に信頼できるとは限りません。もちろん一定の品質を保つため企業側も様々な工夫はしていますが、隅から隅まですべてを管理することは不可能です。こうした理由から、施主も可能な限り自分の身は自分で守るということも必要となってくるでしょう。

執筆者:竹内洋樹

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. ウォークインクローゼットの基礎知識

  2. 様々な窓の種類と、取付位置による特徴についてご紹介

  3. 畳スペースを上手に間取りに取り入れる方法と使い方

  4. エコカラットで調湿しながら空間にアクセントを

  5. 薪ストーブでかなえる炎のある暮らし

  6. 階段リフォームの工夫【照明・手すり編】

  7. 子ども部屋とファブリック

  8. 住宅建材における塗装のあれこれ

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP