Loading

東京スター銀行の返済休暇制度は返済が厳しいとき大いに助かる制度

住宅ローンは主に20年から30年間程度の長期間にわたって家計に大きな影響を与える返済を続けなければなりません。長い返済期間中には当初予測していなかった事態が生じてローン返済が厳しくなる可能性があります。そのような事態にとても便利な返済をいったんあらかじめ止められる仕組みの「返済休暇制度」を持った住宅ローンがあります。銀行と返済額を減らしてもらうなどの交渉もなく返済額を減らせるので利用価値が高い仕組みです。具体的に「返済休暇制度」とはどのような仕組みかを紹介します。

住宅ローンの返済額を減らせるメリット

あらかじめ、共働きの妻の出産、子どもの進学などによる費用の発生が見込まれて、場合によってはその期間の返済が厳しくなると予想されるときがあります。住宅ローンは銀行に相談すれば返済額の減額に応じてくれる可能性がありますが、面倒だし、また相談しにくいと多くの人が思っています。あらかじめ、返済額を減らせることが可能であれば気兼ねなく利用できます。

東京スター銀行の「返済休暇制度」とは

東京スター銀行の「返済休暇制度」は、同銀行が提供している「スターワン住宅ローン」に備わっています。「返済休暇制度」とは、ローン返済者が指定した期間中の元本金額を1円に減額できる仕組みをもった制度のことです。ただし、以下の制限があります。

・利息の支払いは減額できません。そのため、住宅ローンの返済はじめた初期の期間は返済額を大きく減らせません。
・返済額を減らせる期間は返済開始から2年目以降です。
・返済額を減らせる期間は、当初契約のローン期間の範囲内で最長3年間です。
なお、返済休暇制度を利用するには、あらかじめ返済休暇期間の指定が必要です。

まとめ

銀行に住宅ローンの返済額を減額する交渉は誰でも気乗りしないことでしょう。しかし、住宅ローンの返済が厳しくなるときがある可能性は否定できません。もし、あらかじめそのようなケースがあって返済が厳しいかもしれないけど住宅は今、購入したいと思っている方には最適な住宅ローンの返済額を自由に減らせる「返済休暇制度」について紹介しました。

関連記事

  1. 玄関に大型収納をつくることの有用性

  2. 床下収納はある方がいい、それともない方が良い?

  3. 太陽光発電について

  4. 多くの人が理解できていない免震と制震の違い

  5. メリット・デメリットは?木造軸組構法におけるあれこれ

  6. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  7. 近年話題の「老後破産」を避けるための住宅ローンプランについて

  8. 建築家と長く付き合うことのメリットとは?

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP