Loading

多くの人が理解できていない免震と制震の違い

地震大国の日本に住んでいる私たちは、「耐震」という言葉は聞き慣れた言葉であり、家を建てるとなるとその耐震性は強く重視するポイントでもあります。しかし「免震」と「制震」という言葉は何となく聞いたことはあっても、しっかりと理解できている人は少ないのではないでしょうか。今回はそんな「免震」と「制震」の違いについて解説します。 

「免震」とは

免震とは基礎と建物の間に緩衝材を入れることにより、地震の力が直接建物へ伝わらないようにする仕組みです。この仕組みにより、地震による建物の揺れを地盤の揺れの半分から数分の1にまで減らせます。大規模な地震に対して力を発揮してくれますが、大掛かりな装置を導入しなければならないため数百万円規模の費用が必要なのがネックです。定期的な点検やメンテナンスも必要なことから、これまでは学校や病院のような建物に採用されることがほとんどでしたが、近年では新たな技術が開発されたこともあり一般住宅でも「免震住宅」として広まりつつあります。 

「制震」とは

一方制震とは、壁の中に数カ所設置するダンパーと呼ばれる制震装置が揺れを吸収してくれる仕組みのことです。効果の高さは免震ほどではありませんが、地震だけでなく台風などの強風に対しても効果を発揮してくれます。装置の素材は主に金属、アクリル、ゴムが採用されますが、メーカーによって大きく異なってくるところでもあります。導入費用は多くの場合で100万円以内には収まると考えておいて大丈夫でしょう。 

まとめ

耐震と違い、免振と制震については詳しく知らなかった人は多いと思います。それぞれ特殊な装置を使用して揺れを軽減することが目的なのは同じですが、その仕組みは大きく異なります。費用は多く必要となりますが、地震に強い住宅を建てるなら導入を検討してみるのも良いと思います。その場合は、なるべく早段階で検討している旨を建築会社へ相談するようにしましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. R天井で光を柔らかく広げる和室をつくる

  2. そもそもウォークインクローゼットは必要か?

  3. エアコン1台で全館空調は出来る?

  4. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

  5. 日本には本当にたくさんの建材メーカーが存在している

  6. あえて見せる!化粧柱のデザイン的魅力

  7. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  8. 住宅ローンは借りる銀行によっては100万円以上支払総額が変化!

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP