Loading

木造住宅の構法とそれぞれで違う安全性の仕組みとは

木造住宅にはいくつかの構法があり、それぞれで安全性の仕組みも異なります。今回は「在来軸組構法」「伝統構法」「2×4工法」の3つの構法の違いと、それぞれの安全性についてご紹介いたします。 

在来軸組構法

在来軸組構法は現在の日本の木造住宅で最も多く採用されている構法です。土台、柱、梁と組み上げることで建物の骨組みをつくっていく構法です。筋交いや合板に釘打ちした耐力壁をバランスよく配置し、地震や強風に耐え得る設計となっています。間取りの自由度が高いことや、将来的なリフォームのしやすさがメリットとして挙げられます。土台や梁の継手には金物で補強される決まりとなっています。 

伝統構法

昔ながらの日本建築の構法を伝統構法と呼びます。現在では一般住宅でこの構法を用いることは稀で、主に神社などの特殊な建物で用いられます。職人さんの熟練の技術によって成り立つ構法ですが、現在ではその技術を引き継ぐ職人は少なくなっています。この構法の安全性は、柱と梁のほか、足固め、差鴨居、貫などの水平部材を使用することによって、建物全体で強度を保つという考えの仕組みです。 

2×4工法

2×4(ツーバイフォー)工法とは、その名の通り2×4インチ、2×6インチなどの決まった寸法の木材を主に使用して枠をつくり、その枠に構造用合板を打ち付けてひとつのパネルとする構法です。このパネルを組み立てていくことで建物を完成させるため「枠組壁工法」とも呼ばれます。この一つひとつのパネル自体が耐力壁となり、建物にバランス良く配置することで地震や強風から守る安全性の仕組みです。複雑な施工がないため工期は短くて済みますが、将来のリフォームには自由度が低くなってしまうことが難点です。 

まとめ

構法によってメリットとデメリットがありますが、それぞれの理屈で安全性の仕組みは確保されています。将来のリフォームのことまで考えると在来軸組構法が無難な選択肢だと思いますが、重視するポイントは人それぞれなので自分たちの希望を一番実現しやすい構法を選択することが大切です。建築会社によっても対応している構法が違うので、事前に自分たちで一定の知識は身に着けておくと安心でしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

  2. 手抜き施工を防ぐために大切な「床下と天井裏」のチェック

  3. 省エネ住宅を考えるなら、まず間取りの検討から

  4. 買取制度の利用だけでなく、蓄電池の活用も必要!!「太陽光発電」

  5. 建築で使われる木材の種類と特徴を理解しよう

  6. 単なるローコスト系メーカーとは大きな差、アイダ設計

  7. 床の貼り分けで空間づくり

  8. 来客が多い家庭にお勧めの玄関クローゼットと洗面台の位置について

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP