Loading

意外と悩む屋根や外壁材の種類と特徴について

内装のデザインにはこだわりの理想がある人も多いですが、屋根や外壁材にはそれほど強いこだわりがない人も多いと思います。こだわりがない分どういったものが良いのか決められず、意外と悩むポイントになってしまう人が多いのも事実です。そこで今回は屋根や外壁材の種類やそれぞれの特徴についてご紹介いたします。 

屋根材の種類と特徴

屋根には基本的に耐久性の高い材料が使われますが、主に次の3種類の材料から選ぶことになります。

【スレート】
スレートはセメントを繊維質材料で強化した「人工スレート」が使用されることが一般的で、安価で軽量なところが特徴となります。石を使用した「天然スレート」というものもあり、こちらは耐久性が高く天然石ならではの素材感が特徴的です。

【金属】
銅やアルミ合金、ガルバリウム鋼板などの金属版を使用する屋根材も存在します。軽量なので建物への負担も軽いので、勾配が緩い屋根にも使用可能です。加工もしやすいので複雑な形状の屋根にも対応しやすいという利点があります。

【瓦】
瓦屋根は日本の住宅では昔から多く採用されているお馴染みの屋根材です。耐久性が高く、メンテナンスの手間が少ないことが特徴です。 

外壁材の種類と特徴

外壁材には現場で水を使用しない「乾式工法」のサイディングと、水を使用する「湿式工法」の左官壁やタイル、レンガ、石などが存在します。専用の金具を使用して取り付けていくサイディングは、職人さんの施工が簡単なため工期が短いことが特徴としてあります。軽量なので建物への負担が少ないことが利点です。一方昔ながらの湿式工法は施工の手間がかかるため工期は長くなってしまいますが、近年主流となっているサイディングとは一味違うオリジナリティ溢れる外壁に仕上げることが可能です。 

まとめ

屋根にしても外壁にしても、何を重視するかによって選択するものが変わってくると思います。費用を抑えたいのか、少しくらい費用が多くかかってでも他の家との違いを出したいのかで選ぶ基準が変わってきます。まずは自分たちの方向性をはっきりとさせてから材料を選ぶようにすると判断しやすいでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅ローンの有利な借り換えが簡単に選択できるスマホアプリ

  2. コートハウスってどんな家?

  3. 漆喰壁の色は選べるの?

  4. 延床面積が狭い家を、広く見せるコツ

  5. 筋交いはどのように取り付けられているか

  6. 当初固定金利型住宅ローンを活用して返済額を減らすノウハウ

  7. 施工品質の決め手となるのは「職人」と「現場監督」

  8. 2重窓にすることで期待できる効果とは?

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP