Loading

知っておきたい住宅ローンの金利が魅力のネット銀行のデメリット

ネット銀行の住宅ローンの金利は、非常に魅力的なためネット銀行での利用を検討する人が増加しています。しかし、金利だけに魅力を感じてしまうと、魅力的なネット銀行にも金利の陰に隠れてあるデメリットに気がつかない可能性があります。そこで、メリットとともに特にデメリットについて注目して紹介したいと思います。

ネット銀行のたくさんあるメリット

ネット銀行で住宅ローンを組むメリットは、いうまでもなく金利が低いことに加えて、保証料がかからないこと(一部のネット銀行を除く)、および繰り上げ返済時の手数料がかからないことの3点です。

金利が低いことは借りる金額が多く期間が長いときに総返済額が大きく減少するので他の金融機関よりも有利です。また、保証料も借りる金額が大きいほど、また期間が長いほど、高額になるのでこれも非常に有利な点です。3000万円を35年で借りると60万円から100万円以上が必要です。さらに、繰り上げ返済手数料が無料だと、たとえば住宅ローン控除をできるだけ多く受けるために大きな金額を借りて、住宅ローン控除期間が過ぎれば繰り上げ返済を積極的に考えている場合などに非常に有利です。一般的に1回あたり数万円の繰り上げ返済手数料がかかります。繰り上げ返済の回数が多くなるほどメリットが大きくなります。

これらを総合すると借りる金額や期間によって変わってきますが、少なくとも100万円以上、200万円くらいはこの3点だけで他の金融機関よりも安くできる可能性があります。

その他に、他の金融機関への振込手数料が無料であったり、低額であったり、また提携するコンビニなどの現金自動預払機(ATM)での利用手数料が無料であったりします。さらに忙しい人には意外に便利なインターネットの利用環境があれば24時間利用できることもメリットとしてあげられます。

ネット銀行のデメリットに注意が必要

ネット銀行にはたくさんの大きなメリットがあり、どうしても利用したくなるかもしれません。しかし、ネット銀行には一方でデメリットとして、審査が厳しいこと、延滞・滞納時の対応が金融機関の中ではもっとも厳しいこと、対面相談ができなく、またインターネット利用のため手続きが面倒なことがあります。

このなかでもっとも注意しなければならないのは、延滞、滞納時の対応が厳しいことです。しっかりとした余裕のある返済計画でないと、競売に掛けられる可能性が高いので注意が必要です。

まとめ

金利や保証料無料が魅力のネット銀行ですが厳しいデメリットもあります。金利が安いからと借り過ぎると危険です。しっかりデメリットを考慮して利用するようにしてください。

関連記事

  1. 筋交いはどのように取り付けられているか

  2. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  3. 建築家に住宅のデザインも全てお任せすることは可能?

  4. 不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

  5. 「無垢の木はやせる」とはどのような現象か?

  6. 玄関に大型収納をつくることの有用性

  7. 地下室のある家、メリットとデメリット

  8. 奇抜な「らせん階段」のメリットとデメリット

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP