Loading

快適に暮らすための効果的な照明設置方法

快適な生活をする上で欠かせない照明ですが、一言で照明といっても様々な種類や方法があります。それらをうまく活用することで明るい室内を作り出すことができ、それが安全な生活にもつながります。そこで今回は快適に暮らすための効果的な照明設置方法をご紹介いたします。 

補助照明を上手に利用する

明るい室内をつくるには、必ずしもひとつの照明にこだわる必要はありません。場合によっては複数の照明を使い分けることも有効で、主照明を助ける補助照明の設置も検討しましょう。補助照明にはダウンライト、スポットライト、ブラケット照明などがありますが、補助照明を導入することは単純に明るさが増すだけではありません。主照明ひとつの場合に比べて明暗のアクセントをつけられたり、落ち着いた雰囲気を出すことができるメリットがあります。 

高齢者がいるならより明るい照明が必要

高齢者と同居しているなら、より明るさを重視した照明設置を考える必要があります。高齢者は若年者よりも約2倍の明るさが必要とされており、部屋と廊下などでの急激な照度変化も避ける工夫が必要です。また、廊下や階段などでは足元灯も安全面で有効なので導入を検討することをおすすめします。今高齢者と同居していなくても、将来の自分自身のことも考え、新築の段階で照明設備の対策をしておくと良いでしょう。 

まとめ

照明は家の中の印象を大きく変える力があり、明るい部屋と暗い部屋では気分も大きく変わってきます。明るい室内は自然と気持ちも明るくしてくれる効果があり、家庭内に活気を与えてくれます。安全面も照明設備の工夫だけで大きく改善することができるので、新築住宅を建てるときには建築会社ともよく相談し、どういった照明が最適かをよく検討することがおすすめです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 自然エネルギーの活用で効率的な生活をする方法

  2. 床下収納はある方がいい、それともない方が良い?

  3. 机の置き方、独立した部屋の場合

  4. 住宅ローンのフラット35が子育て世代に優遇策、その内容は?

  5. 住宅ローンのさまざまな疑問に明瞭に答えてくれるおすすめの著書

  6. 窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

  7. 壁の仕上げ材の種類と選び方について

  8. 費用が変わる!?土地を選ぶときには「地盤」も考えよう

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP