Loading

省エネ住宅のポイントとなるエアコンの選び方

省エネ住宅を意識して家を建てるときには、家の構造も大切ですがそれと同時に設備面も意識しなければなりません。その一つにエアコンがあります。エアコンは省エネ住宅を代表するような設備なので、是非こだわって選んでもらいたい部分です。そんな省エネエアコンの選び方について、詳しくご紹介いたします。 

省エネラベルとAPF

エアコンは一般家庭の電力消費で最も大きな消費量となる機器なだけに、省エネ性能にはこだわって選ぶことをおすすめします。エアコンには星の数で示された省エネラベルというものが存在します。星の数が多いほど省エネ性能が高いことを意味します。星5つが最高の性能となるので、エアコンを選ぶ際はなるべく5つ星の製品を選びたいところです。
また、「APF」という通年エネルギー消費効率の評価もあり、数値が高いほど高性能な製品ということになります。目安としてはAPF6.0以上のものが省エネ性能が高い製品だといえるでしょう。 

室内機と室外機の設置について

エアコンには本体の室内機と、家の外に取り付ける室外機があります。室内機は一般的な壁付けのタイプと店舗などでよく見る天井埋め込み型のものがあります。デザイン重視で室内をスッキリとさせたいのであれば天井埋め込み型でもいいですが、壁付け型のように簡単に取り外したりはできないので注意が必要です。
室外機に関しては、1台で複数の部屋の空気を調節できるマルチエアコンというものがありますが、このタイプは省エネ性能はあまり高くないので省エネ重視で考えると控えておいた方が良いでしょう。しかし室外機が1台で済むというのは外部のデザイン面でスッキリするのでそういった面ではおすすめとなります。 

まとめ

エアコンは非常に多くの製品があり選ぶことも難しいくらいですが、省エネ性能で電気代は大きく変わってくる可能性もあるだけになるべく省エネ性能の高い製品を選ぶことをおすすめします。省エネラベルとAPFの数値をよく確認し、電器屋さんにもおすすめの製品を聞いてみて判断すると良いでしょう。
 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 中古住宅の住宅ローンは期間や諸費用などは新築住宅と異なる?

  2. 広いバスルーム、本当に必要なのですか?

  3. 大手ハウスメーカーを選ぶメリットとデメリット

  4. ワークトップの素材~タイル

  5. 太陽光発電による売電で住宅ローンが軽減できる!?

  6. 鉄筋コンクリート造や鉄骨造が得意な建築士とその特徴

  7. 建築家に依頼した住宅の工事費を極端に増やさないためには?

  8. 生前贈与で贈与税対策と住宅ローン控除を併用するときの注意点

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP