Loading

住宅ローンを土地取得に利用するための方法・条件とは

土地を購入して住宅を新築するとき、まだ具体的な新築時期が決まっていないのに早々に良い土地の物件が見つかることがあります。その土地が立地や価額など条件が良いときは、どうしても先に土地だけでも購入して確保しておきたくなります。しかし、土地を購入するためには住宅ローンが借りられなければならないとき、土地だけで住宅ローンを借りることはできるのでしょうか? できないとすれば、どのようにすれば良いかについて解説します。

土地取得のための住宅ローン利用は条件付きで可能

土地購入と住宅建築が同時、または短い期間内であれば、問題なく土地取得のために住宅ローンに利用は可能です。しかし、土地購入時に新築する家のプランや住宅を建築する会社決まっていない場合、あるいは土地を購入してから、住宅新築着工まで数カ月以上の期間がある場合は、原則として利用できません。ただし、銀行によっては1年以上でも利用できる可能性があります。また、住宅ローンの融資を分割して先に土地の取得費用を融資してくれる銀行もあります。どうしても、その土地を早く押さえておきたい場合は、複数の銀行に相談するようにすると良いでしょう。

土地だけの住宅ローンが利用できない場合の対策

住宅の着工前に土地を取得するための住宅ローンが組めない場合は、住宅ローンを借りられるまでの間、必要な資金を借りる「つなぎ融資」が一定の条件を満たせば受けられます。「つなぎ融資」で借りた金額は住宅ローンが実行された段階で一括して返却します。

つなぎ融資のデメリット

「つなぎ融資」は、魅力的な土地を住宅着工時期よりも、早く購入できるメリットがありますが、以下のデメリットがあります。
・住宅ローンと「つなぎ融資」で二重の事務手数料・印紙税の発生・金利の発生・銀行によっては保険加入料の発生・金利の低いネット銀行は「つなぎ融資」を行っていない など

まとめ

住宅新築時期よりも先に土地の取得が必要になった場合に住宅ローンが利用できる条件について紹介しました。また、土地に対する住宅ローンの利用ができない場合の対処法とそのデメリットについても紹介しました。土地だけの取得も先行してできますが、できるだけ土地の取得と新築住宅の着工は同じタイミングで実行できるように計画するのが最善です。

関連記事

  1. 建売住宅と注文住宅の施工品質面での違いとは

  2. 本棚で仕切って書斎スペースを確保する

  3. 高断熱・高気密な住宅の特徴について

  4. 軽量鉄骨住宅のメリットとデメリット

  5. 建築家に住宅のデザインも全てお任せすることは可能?

  6. 幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

  7. ウォークインクローゼットの活用方法

  8. 変動金利の5年ルールと125%ルールの怖さを知っていますか?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP