Loading

ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

住宅ローンは、銀行、信託銀行、信用金庫などから借り入れを行うのが一般的で、信販会社、クレジット会社などのノンバンクから借り入れを行うことはありません。しかし、ノンバンクを利用しなければならないときもあります。特別な事情がある人にとってノンバンクは必要です。その場合にノンバンクから借り入れをする必要があるのか、そのメリット・デメリットについて解説します。

住宅ローンでノンバンクを利用しりケースとは

ノンバンクを利用するケースとして、以下があります。

1.銀行などの金融機関に審査よりも審査が甘い

銀行などの金融機関で住宅ローンを借りられなくても、ノンバンクであれば無条件では決してありませんが、借りられる可能性があります。特に、自営業者などは、返済額に対して収入が十分に多くても、審査が厳しくて借りられない場合に利用できるのでメリットがあります。

2.賃貸併設住宅でも借りられる

一般的には、賃貸部分の建築費用まで含めた住宅ローンを借りられる金融機関は少なく、そのため資金不足で建築できない場合が考えられます。ノンバンクであれば借りられる可能性があり、建築を断念しなくてもよいメリットがあります。

ノンバンクから住宅ローンを借りるデメリット

ノンバンクから住宅ローンを借りるデメリットは、金利が高いことです。不景気や年功序列の崩壊で給与が増加していくかどうか不透明です。土地の価格の上昇も期待できません。このようなときに、高い金利で住宅ローンを利用するのは、よほどの理由がない限りリスクが大きすぎます。また、金融機関の住宅ローンにある病気になったときの保障などの特約もありません。気に入った物件が見つかると、どうしても購入したくなる気持ちが強くなりますが、無理をするのは禁物です。

まとめ

住宅ローンは、普通の銀行以外のノンバンクからも借りられることを紹介しました。特別なケースでは、ノンバンクから住宅ローンを借りるメリットが得られます。しかし、一般的にはノンバンクから住宅ローンを借りることはお勧めできません。普通の銀行から借りられるようになるまで住宅ローンの利用は控えるようにしましょう。

関連記事

  1. 「採用してよかった」間取りベスト5

  2. 軒先の庇を長くすることのメリットとは

  3. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

  4. ウォークインクローゼットのデメリットについて

  5. スキップフロアの導入で狭い家を広く感じさせよう

  6. 幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

  7. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  8. 住宅ローン控除とふるさと納税を利用するときの注意点

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP