Loading

二世帯住宅を建てるときの間取りについて

二世帯住宅と一言で言ってもその作りは実に様々です。同居のスタイルや土地の広さなどによっても家のつくりは大きく変わってきます。そこで、二世帯住宅の一例としてよくある一般的な二世帯住宅についてご紹介いたします。 

将来の同居を見越した間取りを考える

マイホームを建てるタイミングでは親と同居はしなくても、将来的に予定しているということはよくある話です。そういった家庭では将来親専用の玄関やトイレなどを増設できるように想定してスペースを確保しておく必要があります。部屋は1階南側に親用の和室を一つ作っておいて、完全な個室というよりは引き違い戸などで仕切れるような作りにしておくと、同居するまでは引き違い戸を開けておけば広々とした空間として使用することができるでしょう。 

上下分離型の二世帯住宅

1階を親世帯の居住空間にして、2階や3階を子世帯の空間とするような上下分離型の二世帯住宅も多く見受けられる作りです。年代が違えば生活リズムも違うので、完全にフロアで分けることでお互いにストレスを感じず生活することが可能となります。食事の時間帯も異なってくるはずなので各世帯にキッチンを作っておくのも良いでしょう。浴室も理想は各世帯それぞれに分けて作りたいところですが、共用で使っている家庭が多いと思います。共用で使うのであれば、使用する人数が多くなるので時間帯をずらすなど工夫してうまく使用したいところです。 

まとめ

二世帯住宅をつくるときは、お互いにどういったスタイルで生活したいかを親子でよく話し合い、できる限りストレスなく生活できる間取りを作り出しましょう。親は両親なのか片親なのか、子世帯は何人家族なのかなどによっても変わってきますし、家の大きさによってもできることが限られてきます。後悔しない二世帯住宅を作るコツは、将来的に柔軟に間取りを変えられるような余裕を持たせた作りにすることです。必然的に土地はなるべく広いところを選ぶことが賢明だといえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

  2. ユニットバスの入り口は引き戸?開き戸?

  3. 独立した部屋にする

  4. クローズドキッチンのメリットと特徴

  5. 建築家に設計を依頼して施工不良を無くそう。

  6. 家の中と外の境界線を曖昧にすることの意味とは

  7. 厳しい条件から生まれた建築家のアイディア住宅

  8. 外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP