Loading

心地よい浴室をつくる意外な方法とは

お風呂は頑張った一日の疲れをとる家の中でも特にリラックスできる空間です。そんな浴室をより心地よい特別な空間にするための意外な方法をご紹介いたします。 

2階に浴室をつくるメリットと注意点

一般的に浴室は1階につくられることが圧倒的に多いですが、現代では薪でお風呂を焚くことがないので自由な発想で2階につくっても問題はありません。浴室を2階につくることのメリットとしては、寝室や子供部屋の近くにつくることで入浴後すぐに寝床につけるということがあります。また、1階と比べるとプライバシーも確保しやすく、窓からの眺めも良いので眺望を楽しむこともできるでしょう。
しかし浴室を2階につくることには注意点も存在します。まず入浴中の音が下の階に伝わりやすいので、リビングの上にはつくらないことです。そして2階で水漏れを起こしてしまうと大変なので、防水機能については建築会社とよく確認しながら進めるよう注意しましょう。 

在来工法で自由な設計の浴室を作る

現代のお風呂といえば規格化されたユニットバスが定番となっていますが、大工さんやタイル屋さんがつくる在来工法という選択肢もあります。近年ではなかなか見ることがありませんが、自由な広さやデザインで完全オリジナルな浴室を作り上げることができます。テレビや音響設備をつけるのはユニットバスの方が向いていますが、大きな窓や檜風呂など贅沢なつくりを味わえるのは在来工法の浴室ならではです。 

まとめ

2階の浴室や在来工法の浴室というのは珍しい設計ではありますが、技術的には問題なくつくることができるものなので、興味がある人には是非おすすめしたい浴室です。他とは違う我が家だけの贅沢な浴室があるだけで、毎日のお風呂が楽しくなるでしょう。眺望に恵まれた土地であれば、2階に大きな窓のある浴室をつくることでちょっとした温泉気分を楽しむこともできるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 日当たりの悪い部屋を明るい部屋に変える方法

  2. スキップフロアの導入で狭い家を広く感じさせよう

  3. アイランド型キッチンのメリットと特徴

  4. 床の強度と大きく関係のある束の重要性について

  5. 本棚で仕切って書斎スペースを確保する

  6. あえて見せる!化粧柱のデザイン的魅力

  7. 子供部屋づくりは成長に合わせた見直しがポイント

  8. 知っておくべき人感センサーライトの便利機能

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP