Loading

窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

部屋の窓は多い方が良いように思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。条件によって一概にはいえませんが、やはり適切な場所に最適な窓をつくることが理想的です。今回は窓が多い部屋のメリットデメリットについて考えてみます。 

窓が多い部屋のメリット

窓が多い部屋のメリットは何といっても日当たりです。窓の方角も関係してきますが、基本的に窓は多い方が多くの光が入ってくるので明るい部屋をつくることができます。また、多くの日光を取り込めることで冬場でも日中は比較的暖かく過ごせるというメリットもあります。夏も多くの風を取り込むことができるので冷房代の節約にもなり、省エネに貢献してくれるでしょう。 

窓が多い部屋のデメリット

窓が多いことはメリットもありますがデメリットもあります。窓は冷気が入ってくる場所でもあるので、日が落ちた冬場の夜などは非常に寒くなります。暖房の効率も落ちてしまうので、雨戸を閉めるなどして対策する必要があるでしょう。また、意外と盲点なのが窓が多いと大きめの家具が置けなくなるということです。家具によって窓を塞いでしまうため、タンスなどの大きな家具が置ける場所は窓がない一部の壁際のみに限られてしまいます。日当たりのことばかりを考えてしまうと、不便な部屋になってしまうので注意が必要です。 

まとめ

大きな家具をいくつか置きたい場合で、どうしても窓も多めにつくりたいときは窓の位置を工夫しましょう。家具を置いても大丈夫なように天井に近いところに窓をつくったり、縦長の窓を使って家具を置くスペースを確保することもできます。窓が少なすぎても暗くて風通しの悪い部屋になってしまうので注意しなければなりませんが、多ければ良いというものでもないので置きたい家具なども考えながら窓の位置や種類を決めていくことをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 建築基準法で管理されているのは全体の1割程度?

  2. 冬場に家を建築するときの注意点

  3. 「早い・安い」だけを求めたときの危険性とは

  4. ピアノはどこに置く?設置するときに気をつけることは?

  5. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  6. アルミサッシと木製建具を融合させて快適生活へ

  7. 住宅ローンのシミュレーション計算を使うときの間違いやすいポイント

  8. Ⅱ型キッチンのメリットと特徴

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP