Loading

猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫とは

世界的にペットブームが続いていますが、日本も決して例外ではありません。ペットも家族の一員という認識は常識にもなってきており、ペットを飼う前提で家造りをする人も珍しくありません。特に近年は猫ブームとなっており、室内で猫を飼うことを考えたデザインの家を建てる人は確実に増えています。そこで今回は猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫についてご紹介いたします。 

ポイントは立体性

最近では猫を室内で飼う人が増えてきており、それに合わせたデザインの住宅が求められてきています。猫向けの部屋を作るポイントは「立体性」だといえます。猫は抜群の運動神経を誇り、高いところも大好きです。そこで壁に猫専用の階段を作ってあげ、化粧梁の上を自由に歩き回れるようにしてあげるなどの工夫が有効になってきます。行き止まりをつくらないことも大切で、部屋中どこでも自由に動き回れる空間を作ってあげると良いでしょう。 

トイレの場所は予め決めておく

猫に限らず犬などでも同じですが、設計の段階でペットのトイレの場所を決めておくことをお勧めします。トイレやペットフードは臭いがあるため、なるべく同じ場所に固めておくことで換気扇を設置するなどの対策が可能となります。ペットを飼っている人からするとあまり臭いが気にならなくても、飼っていない人からすると敏感に反応してしまうので臭い対策には気を付けましょう。 

まとめ

猫を飼うのであれば吹抜けなどで化粧梁を作りそこで自由に遊べるような動線作りをしてあげると、きっと喜んで登ることでしょう。とにかく高いところに飛び上がりたい習性があるので、立体的な部屋作りを意識することが大切です。特に家族が集まるリビングをそういった設計にしてあげると、猫も含めて家族団らんの時間が増えること間違いなしです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 本を大量に所有しているなら可動式本棚もおすすめ

  2. 瑕疵が見つかったけど施工会社が倒産したらどうすればいい?

  3. 建築家に頼むと奇抜な建物にされないの?

  4. 軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でもシロアリ被害の可能性はある

  5. 太陽光発電による売電で住宅ローンが軽減できる!?

  6. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  7. キッチンは広ければいいというものではない理由

  8. 住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと思っていませんか?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP