Loading

古い建具や床柱の再利用で味を出す

古くなった家を取り壊し新築で建て直すという際に考えてもらいたいのが、古い建具や床柱などの再利用です。こういった材料は古くなってもまだまだ現役で使用できるものも多く残っているはずで、古いからこその味があるものです。そういった材料を再利用することのメリットや価値について迫ります。 

味気ない近代住宅にアクセント

近代住宅は洋風の似たような作りの家が多く、日本独自の和の味というものが感じられなくなっています。洋風の住宅に和室を一部屋作るというプランが多く見受けられ、その和室も「和室風」というだけで昔ながらの真壁作りの部屋ではありません。コスト面を考えると致し方ない部分もありますが、やはり日本人としては寂しい気持ちにもなるのが現実です。こういった時代だからこそ古い家の材料を少しでも新たな家に使用することで、昔ながらの味を出すことができデザイン面でもアクセントとなることは間違いありません。 

古き良きものを残す価値

古い家にあった建具や床柱、欄間や障子などを新築住宅に再利用することには大きな価値があります。それは日本の伝統を次代に引き継ぐという価値です。新しいものにも価値はあり、品質面で良くなっているものも多数存在します。しかし古き良きものはいつまで経っても価値は薄れないので、その価値は次の世代に残していくべきだと思います。「良いものは良い」というのはいつの時代も同じなので、近代住宅に古い材料を再利用しても独自の存在感を発揮してくれるはずです。 

まとめ

日本建築と呼ばれるような住宅を新築で建てる人はごく一部となってしまい、そういった住宅を建てられる大工さんも年々減ってきているのが現状です。もちろん技術の進歩でそういった特殊な技術を必要としなくなった部分もありますが、いわゆる職人技というのは日本建築にはまだまだ求められています。そういった技術を次の世代へ引き継ぐためにも、日本独自の建築を少しでも残していくことは大切なことになってきます。昔だからこそできたことと、現代だからこそできることを上手くミックスさせた和洋折衷な住宅を建てることが理想的だといえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 高齢者に配慮した住まい(トイレ編)

  2. 高齢者に配慮した住まい(バスルーム編)

  3. リフォームの業者選びのコツ

  4. リフォームでのショウルーム活用術

  5. 心地よく暮らすための照明テクニック

  6. 高齢者に配慮した住まい(階段・廊下・玄関ホール)

  7. 雨の日に洗濯物に悩まない方法

  8. リフォームで2重窓にしてみよう!!

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP