Loading

駐車場から玄関への動線は意外と重要

家を建てる際には駐車場の位置をしっかりと考えて建てないと、住み始めてから後悔することになります。特に買い物でよく車を使う人などはほぼ毎日のこととなるので、玄関や勝手口からの動線を考えることは非常に重要なことです。今回は車のタイプや大きさなども考慮し、理想的な動線を作り出すためのヒントをご紹介いたします。 

理想は玄関のすぐ横

駐車場の理想の位置は玄関のすぐ横となります。買い物などで多くの荷物があるときはなるべく車と玄関の距離は近い方が楽なのは言うまでもありません。普段の買い物に多い食品などを家に運ぶことを考えると、キッチンの近くに勝手口を作ってそこと駐車場を隣接させることも一つの手段です。しかし大きな荷物があるときなどは狭い勝手口からでは入れにくいということも考えられるのでよく検討することが必要です。基本的にはやはり玄関のすぐ横に駐車場を作るのが無難だといえます。雨の日の事も考え玄関前の屋根を大きめに作るなど、なるべく雨に濡れず車から玄関までアプローチできる工夫も必要となってきます。 

ドアやリアゲートにも注意

車のタイプやサイズを計算に入れることも駐車場の設計には大切なことです。一般的なタイプの場合、ドアを全開にしたときの出幅は約80cm程度。リアゲートを全開にしたときは210cm程度の高さが必要となります。人の乗り降りはもちろん、荷物の取り出しやすさなども考えると余裕をもった設計が必要です。スムーズに車から降りられて、雨にも濡れず玄関まで最短距離で行けるような動線を確保すると毎日のマイカーライフは快適なものとなるでしょう。 

まとめ

家の内装にばかり気を取られがちなマイホーム建築ですが、駐車場や庭などもすべて含めてのマイホームです。特に駐車場は軽視されがちで玄関への動線まではあまり重要視しない人が多いようにも感じます。しかしそういった何気ないところに毎日の生活を快適にするヒントが隠れているものです。マイホームを建てるときは細かいところにこそ気を遣って、住みやすい家をつくれるようにしていきましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 梅雨や花粉の時期でも大丈夫!室内干し環境を整える方法

  2. 子ども部屋の収納について

  3. いい建築家の選び方と、その方法について

  4. 建築コストが抑えられる外観のカタチとは?

  5. 高齢者と暮らすための部屋づくりとは

  6. 本棚で仕切って書斎スペースを確保する

  7. 有効活用されるロフトを作るために知っておくべきこと

  8. 広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP