Loading

建築基準法で言う「建築」とは

家を新築したり、マンションを新築する際は、当然この分野に係る法律である「建築基準法」を守る必要があります。この建築基準法の第1章第1条には以下のように目的が書かれています。

建築基準法の第1章第1条

「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。」

ここで私が言いたいのは、建築基準法は「最低の基準」を定めているということです。これだけは最低守って欲しいということです。構造や設備について、詳細に様々な規定が定められていますが、これは最低の基準です。例えば、◯◯ぐらいの強さの地震に耐えるには、☓☓ぐらいの構造が必要だといった背景を元にして基準が決められています。

そして第1章第2条には、以下のように用語の定義が書かれています。

第1章第2条 一 建築物

土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む)、、、

文章はさらに続きますが、建築とは「土地に定着する工作物」だと言うことがポイントです。つまり、部屋に置いているだけの家具、あるいは屋外に置いているだけの物置は、建築物ではないということです。建築物ではないため、建築基準法を守らないといけない訳ではありません。(もちろん守っても構いませんが、、)置いているだけの物置の面積は、建築物ではないため、建ぺい率や容積率の算定面積には含まなくて良い訳です。

具体的に説明すると、建ぺい率や容積率の上限まで使って戸建住宅を建てた。でも収納スペースが足りないという場合は、家の外に「物置」を置けば良いわけです。例えばイナバ物置を、土地に定着させずに置く訳です。これだと建築基準法違反にはならずに、もちろん建築確認を取る必要もなく、収納スペースを確保することが出来ます。1坪程度の物置を置くのは、まったく問題がないと思います。まあ、台風で飛んでいかないように、中には重いものを入れておいたほうが良いとは思いますけれど。今日はこんな方法もありますよというご紹介でした。

画像参照元:イナバ物置
http://www.inaba-ss.co.jp/index.html
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 担当者が一級建築士を持っていなかったけど大丈夫?

  2. 住宅ローンの融資額が減る携帯電話のクレジット払いに注意

  3. 住宅ローンの繰り上げ返済はメリットばかりじゃない3つのケース

  4. 高齢者に配慮した住まい(トイレ編)

  5. ロフトは本当に必要?メリットとデメリットを知っておこう

  6. 養生方法1つで職人の質と付き合い方を見極める

  7. リビング階段のメリットとデメリット

  8. 手軽で便利!建築家紹介サービスとは?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP