Loading

働き盛りに発症するガンに備えて住宅ローンを賢く利用する方法

住宅ローンの返済が完了するのは、一般的に多くの人にとって60歳以上になります。一方、怖い病気のガンは、通常40代、50代から発症が増え始め60代から本格的に増加していきます。住宅ローンを借りるには必ず団体生命保険に加入しなければなりません。この保険への加入で一定の安心はできますが、ガンで病気療養が長引くと団体生命保険では死亡しないと返済が免除されないので役に立ちません。

そこで多くの人がガンを含む成人病を発症したらローン返済が免除される特約付きの生命保険に加入するケースが増えています。しかし、特約付きの生命保険もよく理解して利用しないと肝心なときにこんなはずではなかったということになりかねません。ガンに備えて住宅ローンを賢く利用する方法について紹介します。

ガンを含む成人病特約付き生命保険の種類

ガンを含む成人病特約付き生命保険には、三大疾病保障付きや七大疾病保障付きとして宣伝されています。保障される病気の種類の数が違うことは簡単にわかります。しかし、保障される条件の違いはこれだけではまったくわかりません。そのため、どの特約付きの団体生命保険でも同じと考えている人が多いと思いますが、実は大きな違いがあることについて次に説明します。

特約付き団体生命保険の保障内容の違い

保障内容には2つの大きく異なる条件があります。1つは、ガンと診断されてから1年以上程度の一定期間の入院治療が継続した場合、またはガンを発症して同程度の期間以上の勤務がいっさいできない場合に初めて保障される条件の保険です。もう1つは、ガンと診断されたら無条件に保障される保険です。

前者の場合は、高額なガンの治療費がかかると1年間以上保証が開始されるまでの期間の生活がかなり厳しくなります。最近は、遺伝子検査などによってガンにかかりやすい体質もわかるようになってきています。家族にガンの患者がいるなどで、ガンを発症したときの保障を万全にしておきたい場合、特約付きの団体生命保険を賢く利用するには、どちらのタイプの団体生命保険かを確認してから加入することが必要です。

まとめ

60歳代はまだまだ働き盛りの年齢です。ガンはそれ以前の若い年齢からも発症し、高額な治療費もかかります。住宅ローンのガンなどを含む病気になるとローン返済が免除される保険が人気ですが、保障内容をよく確認しないと大きな役に立たない可能性があることを紹介しました。

ガンなどの病気治療は医療技術の進展で治療期間が長引いています。保障が開始されるまでの備えを準備するか保障開始が早くなる保険を検討していざというときに備える必要があります。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 知っておくべき人感センサーライトの便利機能

  2. リフォームの際の建築確認

  3. 地下室のある家、メリットとデメリット

  4. 木造住宅の屋根はどのような構造になっているのか

  5. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  6. シックハウス症候群には換気で対策する

  7. 必要? 不要? 役割を変えて進化し続ける雨戸

  8. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP