Loading

数百万円の手付金が返金されないかも?住宅ローンの特約の注意点

住宅の購入を決意して物件が気に入り住宅ローンも通りそうになると、売買契約を締結し手付金を支払います。順調に住宅ローンの本審査にも通ると何も問題ないですが、万が一、住宅ローンの本審査に通らないと売買契約は解消されます。しかし、手付金の返還などを定めているローン特約の内容をしっかり確認しておかないと手付金の数百万円が戻ってこない可能性があります。ローン特約の注意すべき点について説明します。

手付金とは

手付金とは、双方が契約をきちん守る効果を期待して購入者が支払う金額のことです。売買契約は手付金を放棄すれば契約を解除できます。手付金が多ければ売り主がもっと良い条件で購入してくれる人が現れたので契約を解除したいということなどを防止できます。一方、金額が少なければ売り主の倒産リスクなどでの損害を小さくできます。一般的には手付金は購入額10%とされていますが法律で決まっていません。リスク回避の点では少ない金額で済むように交渉するのが良いでしょう。

住宅ローンの特約とは

住宅ローンの売買契約では、銀行の住宅ローンの審査が通らなければ手付金が全額返金されて売買契約を解除できるというローン特約がついています。そのため、ローン審査が確定していない段階でも安心して売買契約を締結できます。しかし、ローン特約の内容を理解していないと、数百万円になる手付金が戻ってこないことがあります。

住宅ローンの特約の注意点

住宅ローンの融資が通らなかったとき手付金が戻る条件として、「審査が通過しない場合には無条件返金」と「審査が通過しないと分かってから買い主が契約解除を申し出た場合に無条件返金」の2種類があります。通常は前者の内容の特約が付いていますが念のために確認が必要です。確認しないと申し出をしない限り契約を解除できず手付金も戻ってきません。

もし、後者であった場合は、さらに注意が必要なのは融資が通らないことが分かった日から、手付金が戻る解約の申し出期限がいつに決められているかです。もし融資が通らないと分かった日と契約解除の申し出をしければならない日が同日であると、うっかりして解約の申し出を忘れると手付金が戻ってきません。

まとめ

良心的な住宅販売会社は、ローン審査が通らなかったといって手付金を全額返還しないということはありません。しかし、必ずしもそのような会社ばかりではありません。ローン特約の内容を理解しておかないと数百万円になる手付金が戻ってこない可能性があることを紹介しました。売買契約時には、念のためのローン特約の内容を確認するようにしてください。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 当初固定金利型住宅ローンを活用して返済額を減らすノウハウ

  2. 床下と天井裏のチェックで防げる手抜き施工

  3. 床を大理石にするメリットとデメリットについて

  4. 広いバスルーム、本当に必要なのですか?

  5. ゼネコンの力、大成建設ハウジング|鉄筋コンクリート造の強みとは?

  6. ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

  7. 木造住宅には国産の木を使いたい理由

  8. そもそもウォークインクローゼットは必要か?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP