Loading

変動する住宅ローン金利の適用時期は申込時、融資実行時?

銀行の金利は、景気や為替の変動、あるいは金融政策などさまざまな経済的・政治的な理由で変動します。住宅ローンは借りることを決定してから実際に融資が行われるまでに、長い場合は数カ月が経過することがあります。そのため、住宅ローンの金利が、いつの時点での金利が適用されるのかは知っておかないと金利が上がる場合に返済額が増えて困ることになりかねません。住宅ローン金利が適用される時期、および金利変動に備えるための注意点について紹介します。

住宅ローン金利の適用時期

住宅ローン金利の適用時期は、住宅ローンの申請時でも審査でローン審査が通った日でもなく、住宅ローンの融資が実行されるときです。従って、適用される時点で金利が下がっていれば問題がありませんが、運悪く大幅に上がっていると、ぎりぎりの返済計画で住宅ローンを組んでいると返済できなくなる可能性があります。

金利変動で返済計画を狂わさないための注意点

金利がどう動くかを正確に予測することは1、2カ月先でも難しいのが現実です。しかし、住宅ローンを借りることを決めたら、少なくとも金利が将来、どう変化していくかをネット、新聞、およびテレビなどの情報で確認することが必要です。そして、金利の動向が上る方向か、下がる方向か、当面どちらにも動かないかを確認する癖を付けるようにしないと大きな失敗をすることになる可能性があります。

住宅ローンを変動金利で借りる予定なら、一般的に変動金利や10年未満の固定金利は「短期プライムレート」などの短期金利に左右されるのでこの動向により注意します。また、10年以上の固定金利は、「10年もの国債の利回り」が基準になって決まるので、この金利の動きに注意します。また、それだけでなく景気や物価の動き、金融政策などの情報にも注意をします。

その結果、上る方向に行くと思われる場合は、住宅ローンの返済計画をぎりぎりになるようなローンは組まないようにすることが重要です。また、上ると予測されるときは、金利が少し高くなりますが、長期固定金利の住宅ローンを組めないかを検討することが重要です。

まとめ

住宅ローンの金利が適用される時期と金利が上がる可能性のあるときの注意点について解説しました。住宅ローンは少しの金利の違いで負担が大きくなるので金利の動向や適用時期にも十分な注意を払うことが必要です。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

  2. 住宅ローン控除期間中に借り換えたら住宅控除は継続できるの?

  3. 品質に差が出る「角」の技術を要チェック!

  4. 家事の動線にこだわった合理的な家を建てよう

  5. 快適に暮らすための効果的な照明設置方法

  6. 住宅購入予算を減額して住宅ローンを減らすノウハウ

  7. 心地よい浴室をつくる意外な方法とは

  8. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP