Loading

筋交いはどのように取り付けられているか

住宅の構造材で「筋交い(すじかい)」と呼ばれる材料があります。柱と柱の間に斜めに入れられる筋交いは地震や台風などの揺れから家を守ってくれ、木造軸組構法の住宅にとって非常に大きな役割を担っています。そんな縁の下の力持ちのような存在の筋交いについて詳しくご紹介します。 

筋交いの役割

筋交いは住宅のブレやねじれを防いでくれる役割を担っています。筋交いがないと家は揺れ放題ですぐに倒壊してしまいます。日本では昔からこの筋交いを入れることで頑丈な家造りを可能にしてきました。基本的な役割や作りは昔から変わりませんが、近年は釘だけでなく金物で固定するようにもなっています。 

筋交いの取り付け方法

最近は筋合いも工場でプレカットされてくることが多いので、現場で筋交いを作って取り付けるということはあまりありません。あらかじめカットされた筋交いを決められた場所に取り付けていくことになります。筋交いは柱と柱の間に取り付けますが、片方が柱の頭、もう片方が柱の足元になるように取り付けます。その間にはもちろん間柱が入ることになるのですが、そのままだと間柱と筋交いはぶつかってしまうので間柱は筋交いの形に合わせて加工が必要です。しかしこの間柱の加工もプレカットですでに出来上がっているので現場で加工することはほとんどないのが現状です。筋交いは釘で固定した後に筋交いプレートと呼ばれる金物でも固定していきます。決められたビスを決められた本数確実に締める必要があります。このビスは素材や太さなど特殊な作りになっているのが特徴です。 

まとめ

筋交いは入れすぎても良くないと言われますが、設計士が計算して適切な場所と本数をはじき出しています。場所によってはクロスするようにダブルで入るところもあります。木造軸組構法の住宅には必要不可欠な構造材なので、現場見学に行った際などにはきちんと取り付けられているかを是非チェックしてみましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 洗面所リフォームのポイント

  2. 建築家に設計依頼して、竣工までの期間どのくらいかかる?

  3. スマートハウスのデメリットとは?

  4. リフォームで2重窓にしてみよう!!

  5. 中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

  6. 親の土地に住宅を建てるときに住宅ローンは借りられる?

  7. ピアノはどこに置く?設置するときに気をつけることは?

  8. 往路ついでにしまえる通路脇収納が便利

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP