Loading

長期優良住宅について

平成20年12月に国土交通省から「長期優良住宅の普及に関する法律」が公布され、平成21年6月4日に施行されました。この長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅のことで、認定を受ければ税金などのメリットがある制度です。これをもう少し詳しく見ていきましょう。

この法律の目的は、長期にわたり良好な状態で使用できる住宅を整備することによって、環境負荷の低減を図りつつ、良質な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることとされています。認定基準の概要は以下です。

構造躯体等の劣化対策

数世代に渡り住宅の構造躯体が使用できること。通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置をとること。

耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

可変性

居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

高齢者等対策

将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

省エネルギー対策

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。(戸建住宅75㎡以上、共同住宅55㎡以上)住戸の少なくとも1の階の床面積(階段部分の面積を除く)が40㎡以上であること。

維持保全計画

建築時から将来を見据えて定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

これから新たに住宅を建設する場合は、長期優良住宅の認定を受けることを検討すると良いと思います。

文章参照元:国土交通省(長期優良住宅の普及の促進に関する法律関連情報)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html
写真参照元:住宅性能評価・表示協会
http://cp.hyoukakyoukai.or.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 無垢フローリングと複合フローリングの違いとは

  2. 難土地でも眺望も日当たりも良くプラバシーも守れる家をつくる工夫

  3. 自分が住まないと利用できない住宅ローンを家族が住む住宅に使う方法

  4. ライティングビューローかそれとも書斎か

  5. 狭い子ども部屋の活用方法

  6. リビングの定番「床暖房」を設置する際のコツとは

  7. リフォーム工事完了時の注意点

  8. 用途地域について

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP