Loading

フローリングの色選びで注意すること

新築住宅ではフローリングの色も選ぶことになりますが、この色選びは意外と重要なポイントとなります。人気だからとか単純に自分の好みだけで選んでしまうと生活が始まってから後悔してしまう可能性があります。今回はそんなフローリングの色選びで注意すべき点をご紹介いたします。 

人気のこげ茶色には注意

フローリングで人気のある色はある程度決まっていますが、その中の一つにこげ茶色があります。こげ茶色のフローリングにすることで高級ホテルのような高級感が出ることから人気があります。実際に新築ででき上がった部屋を見たときは非常にかっこよく高級感も感じることでしょう。しかし実はこのこげ茶色というのは注意が必要な色なのです。こげ茶色は埃や傷が目立ちやすいという大きなデメリットがあります。こまめに掃除をしていても気が付いたらすぐに白い埃の塊ができていたりします。さらにテーブルなどの家具を少し引きずっただけでも白い傷となって目立ってしまうのです。犬や猫などのペットを飼っている家庭となると爪で細かな傷が付いてしまうのは明らかです。最初の見た目は非常に良いのですが、メンテナンスが大変だということは覚悟しておかなければならないのがこげ茶色のフローリングとなります。 

おすすめの色選び

こげ茶色のフローリングには注意が必要ということがわかって頂けたかと思いますが、ではどんな色が良いのかというと、フローリングの色選びでは明るめの色がおすすめです。具体的にはナチュラルな木目調のフローリングなどがおすすめです。埃も傷も目立ちにくく、部屋も明るい印象になるので人気の色でもあります。普通すぎて面白みがないという意見もありますが、実用面を考えると非常におすすめな色となります。稀に白色のフローリングにする人もいるのですが、確かに明るい色ではありますがこちらも汚れが目立ちやすいのであまりおすすめはできません。完全なお洒落重視な場合だけにしておきましょう。 

まとめ

フローリングの色ひとつでも部屋の印象は大きく変わり、実用性も大きく異なってきます。自分の好み重視で選ぶのか現実的なことを考慮するのか、長く住む家だからこそじっくりと考えて決めて頂きたいところですね。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. パントリーを考える~有益な生活スタイル、不要な生活スタイル

  2. リフォームで2重窓にしてみよう!!

  3. キッチンは広ければいいというものではない理由

  4. 階段リフォームの工夫【照明・手すり編】

  5. 床下と天井裏のチェックで防げる手抜き施工

  6. 魅力は外観だけ? 輸入住宅にほれこむのも程々に

  7. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

  8. 住宅ローン控除期間中に借り換えたら住宅控除は継続できるの?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP