Loading

建てる前に知っておきたい屋上付き住宅の問題点

屋上付きの住宅に憧れを抱く人も多いと思いますが、実は屋上付き住宅には一般住宅以上に問題点があります。そんな問題点を考慮せず建ててしまうと数年後に後悔することにもなりかねないので、しっかりと屋上付き住宅の特徴を理解してから検討することをおすすめします。 

避けられない雨漏りのリスク

屋上付き住宅に常に付いて回る問題点が雨漏りのリスクです。一般的な勾配屋根と違い屋上はフラットな陸屋根となるので、どうしても水捌けは悪くなります。もちろん防水処理は行いますが、その防水処理も
10年程度のスパンでやり直す必要があります。そしてこまめなメンテナンスも欠かせません。屋上の排水口には風で飛んできた落ち葉などゴミがたまりやすいので、マメに掃除をしておかないとゴミがたまって雨の流れが悪くなり、それが雨漏りにつながってしまうのです。ハウスメーカーによってはこういった雨漏りリスクを考慮して屋上住宅を建てない方針の会社もあるくらいです。 

耐震性の問題

実は屋上住宅は耐震性の問題も抱えています。屋上付き住宅は3階建て住宅に多く、狭い土地をなんとか有効活用しようと縦長に建てた住宅が多く見受けられます。その結果、心配になるのが耐震強度です。縦に長い住宅は地震に強いとは言えず、台風などの強風でも住宅が揺れることが考えられます。こういったこともしっかりと考慮しておきたい部分だといえます。 

まとめ

屋上付きの住宅は夢が広がり憧れの対象ではありますが、現実的に考えるとそれなりの覚悟をもって建てる必要があります。若いときはまだいいのですが歳を重ねると屋上まで行くこと自体が億劫になり、こまめなメンテナンスが苦になる人が多く、掃除を怠った結果雨漏りしてしまうというケースはよくあります。耐震性のこともしっかりと建築会社と相談し、どうしても屋上が欲しいという結論になった場合は充実した屋上ライフを楽しみましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

  2. ピアノはどこに置く?設置するときに気をつけることは?

  3. 2階リビングは広いバルコニーと一体化させよう

  4. 住宅ローンの金利は同じではない!有利な金利で借りられる人の条件

  5. イチローの家も、住友林業? 〜木造軸組工法の強みとは何か

  6. 3階建ての家を建てるなら覚悟しなければいけないこと

  7. 住宅ローン保証料の金利上乗せ方式と一括前払い方式を知らないと損をする!?

  8. リビングの定番「床暖房」を設置する際のコツとは

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP