Loading

高齢者に配慮した住まい(バスルーム編)

高齢化社会と言われる現在、バスルームのリフォームの際にも、高齢者に配慮したデザインにしておいた方が、後々使いやすいと言えます。今回は「高齢者に配慮したバスルーム」について見ていきましょう。

高齢者に配慮したバスルーム

バスルームは濡れた足元や、急激な温度変化があるなど、住宅の中でもお年寄りの事故が多い場所です。随所に手すりを設けるなどの対策が必要です。手すりの場所は、洗い場での移動が楽になるように縦方向の握りバーを設ける、さらに浴槽内にも取り付けると良いです。手すりをたくさん付けるとデザインが悪くなると思われがちですが、縦方向の握りバーは、シャワーヘッドを取り付ける金具と兼用になっているような、さりげないデザインのものもありますので、このような商品を選ぶのがコツです。

また最近のユニットバスは、出入り口の段差が無いデザインも多くなりました。段差が無いと事故を減らせます。洗い場の床のデザインも、排水がされやすく、滑りにくいデザインのものが出ています。浴槽のフランジ部分も、しっかりと手でつかみやすい幅のもののほうが、出入りがしやすく、浴槽のエプロン高さもまたぎやすい高さのものが良いでしょう。浴槽に入る際に、いったん浴槽のフタの上に座って、それから入ることが出来る丈夫なフタもあります。このような商品を揃えるのが良いです。

水栓金具もボタンを押すだけで、お湯を出したり止めたり出来る仕様の方が使いやすいです。合わせて浴槽内のお湯の排水も、浴槽の縁に付いているボタンを押すだけで排水が出来るタイプのものがあります。これだと排水の際に、浴槽内をのぞき込んだりと無理な姿勢を取らなくて良く便利です。

高齢者向けの浴槽デザインも進化して、デザインも随分良くなりました。リフォームの際には高齢者に配慮したユニットバスを選ぶと良いと思います。

画像参照元:リクシル
http://www.lixil.co.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 寝室と直接照明

  2. 階段の広さと距離

  3. 多くの建築会社がプレカットを導入している理由とは

  4. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

  5. 50年の歴史を刻んだ名車“モンキー”がついに販売終了

  6. モデルハウスで住宅会社を選んではいけない理由

  7. 使い終わったら捨てるだけなんて勿体無い! ダンボールの可能性を考える!

  8. 玄関を開けたら室内が丸見え!?扉の開き勝手に注意

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP