Loading

最長50年返済・全期間固定金利型住宅ローンのフラット50とは

ここ数年は空前の低金利状態が続いています。いずれ住宅取得を考えている人にとって、この低金利のチャンスは逃したくない絶好のタイミングです。しかし、収入が少なくて住宅の購入を諦めている人には、「フラット50」は強力な味方になる住宅ローンです。「フラット50」とはどのようなローンなのか、その利用条件や特徴について紹介します。

フラット50とは

フラット50とは、フラット35と同様に最長で50年間の長期間にわたって、その全期間を固定金利で利用できる住宅ローンです。ただし、フラット35と異なり融資を受けられる住宅は長期優良住宅に認定されていなければなりません。長期優良住宅とは建物の耐久性が向上している住宅のことです。完済時の年齢が80歳のため申込時の年齢が44歳未満でなければなりません。そして、50年間というローン期間にするためには30歳以下でなければならないという制限がつきます。なお、一定の条件を満たせば、親子リレー返済にしてフラット50を利用すれば満70歳以上でも申し込みができます。

フラット50のメリット・デメリット

フラット50のメリットは、毎月の返済金額が少なくなり住宅を購入しやすいこと、および対象が長期優良住宅のため住宅のメンテナンス費用が他の住宅より安くて済むことです。

デメリットは、返済期間が長くなるのでローンの返済総額が増加することです。ちなみに、2016年10月現在のフラット50の金利は、取り扱い金融機関や融資率の違いで年1.39%から2.33%まで幅があります。仮に2.00%として3000万円を50年と30年で借りたとすると、元利均等での毎月の返済額と総返済額は次の通りです。
毎月の返済額  総返済額
50年ローン  79,137円   47,481,897円
30年ローン 110,885円   39,918,769円

まとめ

フラット50の概要と利用条件、およびメリット・デメリットを紹介しました。住宅を購入する必要性と購入タイミングは、一人ひとりで異なります。しかし、低金利の今、住宅を購入したい意志が強く、毎月の返済額が少なくないと購入できない人にとっては、50年間固定金利のフラット50は魅力的な住宅ローンです。

関連記事

  1. あえて見せる!化粧柱のデザイン的魅力

  2. 机の置き方、独立した部屋の場合

  3. 住宅ローンのフラット35が子育て世代に優遇策、その内容は?

  4. イチローの家も、住友林業? 〜木造軸組工法の強みとは何か

  5. 窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

  6. I型キッチンのメリットと特徴

  7. 床暖房のデメリットと「どこまでいれるか」

  8. 住宅業界の第三者に聞く、住宅会社の良し悪しを見極める方法

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP