Loading

住宅ローンの支払いの減額を銀行に交渉する際の注意点

住宅ローンの返済が厳しくなった場合、通常は多くの人が返済を続けようといろいろな手段を尽くして返済を継続しようとします。しかし収入に対して返済金額が多ければ、いずれ返済ができなくなります。その場合、遅滞や延滞になる前に銀行に必ず相談をしに行かねばなりません。そうしないと、最悪は住宅を失ってさらにローン残高が残って住んでもない住宅のローンの返済をしなければならなくなります。銀行に相談に行くことで最悪のケースを免れてローン返済を行いながら住宅も失わずに済むことになる可能性が高まります。そこで、銀行に相談に行くときの注意点について紹介します。

銀行に相談に行くメリット

銀行がローン返済者の事情を理解してくれると、以下のような救済策を受けられます。

1.返済期間を延長し毎月の返済額の減額
2.一定期間のみ返済額を減額
3.任意売却の個人再生手続きの検討

これらの救済策によって現在の収入の範囲で返済が可能になります。また、返済額が減額になっても、なお返済が厳しければ最悪、住宅を競売されて市場価格の半額でしか売却できない、あるいは破産をしなければならなくなることを避けられる可能性があります。

銀行に行くときの注意点

何の準備をしないまま、返済が厳しいことを銀行に伝えても銀行は対応してくれません。なぜ返済が苦しくなっているかを説明できる理由を明確にして、それを証明する書類(毎月の給与明細、家計簿、病気やケガの診断書など)を持参します。また、自分自身による対応策を銀行に説明できるようにします。銀行は返済が遅れることで不良債権になることを嫌がるので誠意をもって銀行は話を聞いてくれます。なお、返済条件の変更は遅滞・延滞がないことが条件になるので、遅滞・延滞をしなければならなくなる前に相談に行くことが重要です。

まとめ

住宅ローンの支払いの減額を銀行に相談にいくときに注意しなければならない点について紹介しました。銀行は遅滞・延滞に対して厳しい態度を示しますが、事前に相談に行けば話をじっくり聞いてくれて良い解決策を提示してくれる可能性があります。

関連記事

  1. マンションリフォーム

  2. 住宅ローンを土地取得に利用するための方法・条件とは

  3. 生活してみて後悔するコンセントの数と位置について

  4. 階段リフォームの工夫【勾配の見直し編】

  5. 軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でもシロアリ被害の可能性はある

  6. どこの会社が建てても最後は職人と現場監督次第で決まる施工品質

  7. 働き盛りに発症するガンに備えて住宅ローンを賢く利用する方法

  8. 女性なら利用したい女性に魅力的な住宅ローン

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP