Loading

風通しの良い家をつくるための工夫について

家を建てるときに多くの人が重要視することの一つに「風通しの良さ」ということがあります。風通しが良いと夏は涼しくエコな暮らしが実現でき、木造住宅の場合は風通しが悪いと木材の腐食へつながったりもすることもあるので非常に大切なポイントでもあります。では風通しが良い家をつくるにはどんなところを工夫すればいいのかについて今回はご紹介していきます。 

風の吹く方向は地域によって違う

実は風が吹く方向というのは地域によってまったく違います。海が近ければ海側から風が吹いてくることが多く、山が近ければ山側から吹き下ろしの風が多く吹いてくる可能性もあります。同じ都道府県であってもその家の立地によって風向きというのは大きく変わってくるのです。

風通しの良い家を設計するには、まず家を建てる土地がどの方角からの風が多いのかを知ることが先決となります。風向きを調べるには気象庁のホームページから数年分の風向き統計を取ってみるとわかってくるでしょう。こういった調べることに手間のかかるデータをあらかじめ準備してくれているような建築会社だと、家のことを本当によく考えてくれている優良業者だといえるかもしれませんね。 

窓の配置や種類も重要なポイント

風向きを把握すれば窓の配置や種類も考えなければなりません。風が吹いてくる方角には大きな引違い窓を作っておくと多くの風を室内に取り入れることができますが、効率的に風を取り込むにはそれ以外の部分も大切になってきます。

例えば隣の家と面している方角では家と家の間を通る隙間風をどう取り込むかを工夫しなければなりません。こういった場合は引違い窓ではほとんど風を取り込むことが期待できないので、縦すべり窓という種類の窓が効果的です、縦すべり窓では開けた窓が壁代わりになって風をキャッチしてくれるので、隙間風も効率的に室内に取り込むことができるでしょう。このようにそれぞれの場所に最適な窓の種類を選択することが大切になってきます。 

まとめ

風通しの良い家は住んでいて非常に気持ちがよく、光熱費の節約にもつながります。日当たりも含めて窓の配置や種類は非常に重要なポイントとなってくるので、少し手間はかかりますが風向きや日当たりのことをよく調査して家のデザインを決めていくと、きっと素敵な家をつくることができるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 女性なら利用したい女性に魅力的な住宅ローン

  2. 住宅ローンの事前(仮)審査と本審査の違い

  3. 床下と天井裏のチェックで防げる手抜き施工

  4. 自然素材の床材について

  5. 魅力は外観だけ? 輸入住宅にほれこむのも程々に

  6. 多目的ルームとして使えるのは、和室だけ

  7. 地下室のある家、メリットとデメリット

  8. キッチンのワークトップ~天然石

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP