Loading

建築用ガラス製品の特徴を知ろう

ガラスとは炭酸ナトリウムや石灰などの原料を混合し、1,400℃~1,500℃の高温で溶融させて結晶ができないように冷却固化したものです。建築用板ガラスに用いられるのはソーダ石灰ガラスです。板ガラスは建築物の開口部、鏡などの装飾用、内装用の加工品などに多数使われます。建築用ガラス製品の主な種類と特徴を見ていくことにしましょう。

普通板ガラス

一般的に使われる無色透明の板ガラス。住宅、店舗、事務所など幅広く利用されている。

網入り板ガラス

溶融状態の板ガラスの中に金属の網または線を封入したガラス。ガラスが割れても中に封入されている網や線が破片を支え火災や火の粉の侵入を遮断するため、防火性に優れている。建築基準法で規定される延焼の恐れのある開口部に使用される。

熱線吸収板ガラス

通常のガラスの原料に微量のコバルト・鉄・セレンなどの金属を添加し着色した透明ガラスである。可視光線及び太陽輻射熱を吸収する。透明板ガラスに比べて熱割れしやすいので注意が必要である。

熱線反射ガラス

ガラスの表面に金属酸化物の薄膜を焼き付けたガラスで、その薄膜で太陽光線を反射して冷暖房の負荷を軽減する。

複層ガラス(ペアガラス)

通常2枚(3枚の場合もある)の板ガラスを、専用のスペーサーを用いて一定間隔に保ち、その周囲を接着剤で密封し、内部の空気を乾燥状態に保ったガラス。断熱性が高く結露しにくい。

Low-E複層ガラス

2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入しガラスに特殊金属膜をコーティングしたもの。断熱型は室内側に、遮熱型は室外側に金属膜のコーティングを施す。

合わせガラス

2枚の板ガラスでポリビニールブチラール樹脂の中間膜をはさみ、加熱圧着したガラス。破片が飛散しなく、防犯性能が高い。

強化ガラス

板ガラスを軟化点(約700℃)近くまで加熱した後、常温の空気を均一に吹き付けて冷却してつくったガラス。割れた時は破片が粒上になる特徴がある。同厚のフロート板ガラスと比較して約3~5倍の耐風圧強度、熱割れ強度を持つ。

建築用ガラス製品にもたくさん種類があることが解ります。網入りガラスは見た目には防犯性能が高いように見えますが、防犯ではなく防火性能が高いガラスなんですね。それぞれの特徴を理解して、適材適所で使用する必要があります。

画像参照元:日本板硝子
http://glass-wonderland.jp/shurui/index.html
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. ウォークインクローゼットのメリット

  2. 自分が住まないと利用できない住宅ローンを家族が住む住宅に使う方法

  3. どこの会社が建てても最後は職人と現場監督次第で決まる施工品質

  4. 窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

  5. システムキッチンを選ぶ際に決めることは?

  6. 冬に向けて薪ストーブ導入をじっくり考えてみる

  7. 住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

  8. フレキシブルに使える畳の間をつくるコツ

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP