Loading

求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

家が古くなりリフォームを考えるとき、リフォームで済ませるのか根本的に建て替えるのかを選択しなければなりません。もちろん予算の都合も考えなければなりませんが、リフォームに求めることによっては建て替えを選択する方がいい場合も多く存在します。 

古くなった部分を綺麗にするならリフォーム

単純に古くなってしまった外壁や内装部分を綺麗にしたいくらいであればリフォームで十分賄えます。間取りから大幅に変えたいとなると別ですが、基本的な造りがそのままで良いなら耐震補強なども含めてリフォームを選択する方が価格的にも大幅に低く抑えることができるでしょう。 

間取りやデザインも変えたいなら建て替え

逆に間取りから根本的に変えたいとなるとリフォームよりも建て替えを選択する方が良いでしょう。間取りを変えると柱や筋交いの位置も変わってくるので、耐震強度の問題で補強も多く必要になり結局建て替える場合と価格的にほとんど変わらないといったことになることも多いからです。また、経年の劣化で痛んできている場所が基礎や土台など家の下の方になればなるほど建て替えとなります。上の方が痛んでいるだけであればリフォームでも対応可能ですが、基礎や土台の痛みとなると長い目で考えて建て替える方がおすすめです。どうしても建物を残したいというこだわりがある場合は基礎からやり直しのリフォームも技術的には可能ですが、やはり一から造り直す方が頑丈な家を造ることにつながります。 

まとめ

大規模なリフォームを検討するくらいであれば、どうしても家を残したい場合以外は建て替えた方が無難なケースが多いと思います。価格の差があまりなくなってくるので、それであれば耐久性の問題で新築に建て替えた方が結果的に安く済むということもあります。リフォームが必要なくらい古くなってしまった家というのは耐震強度の基準も古い時代に建てられているので、建て替えで新築した方が安心して長く暮らせる家になるともいえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 組み立て式のピザ窯でワンランク上の庭遊び

  2. バリアフリー設備の正しい選び方

  3. クローズドキッチンのメリットと特徴

  4. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  5. 品質に差が出る「角」の技術を要チェック!

  6. 浴槽レベルを下げて温泉のような浴室をつくろう

  7. 中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

  8. 北庭面に地窓を設置し涼しい風を取り入れよう

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP