Loading

収納に困らない家をつくるために知っておきたいこと

注文住宅の設計では、なるべく部屋数を多くしたり広くしたいという願望が強くなりすぎ、収納を最低限にして後から後悔してしまうというケースはよくあることです。後から後悔しても収納を増やすことは難しいので、最初から収納スペースはしっかりと確保しておく必要があります。では実際にどのようなことを意識しておけば収納に困らない家づくりができるのかをご紹介いたします。 

常に使わない物の収納場所を決めて作る

家の中には「常には使わないけど必要な物」というやっかいな物が存在します。例えば雛人形や来客用の布団などです。こういった物が地味に家の収納スペースを慢性的に占領してしまい、実際に使える収納スペースが少なくなってしまうのです。この問題を解決するには、設計の段階から「これはここに収納する」と決めて収納スペースをつくることです。一年に数回しか使わないような物は、少々不便な場所に収納しても困りません。そういったものはデッドスペースなどに専用の収納をつくり、出し入れに便利な場所は普段からよく使う掃除機などを収納しておくようにすると、収納スペースの狭さにストレスを感じることは大きく減るでしょう。 

和室よりも納戸

日本人は和室が大好きで、狭い家でもどうしても和室を一部屋つくりたがります。気持ちはよくわかるのですが、その和室は結局納戸代わりになってしまうというケースが意外と多いのが現実です。それならば最初から和室一部屋分を納戸として確保しておけば、収納スペースの余裕は大きく変わります。一部屋まるごと納戸が増えれば大きな物から細かな物まで何でも収納できますからね。大きな家であれば和室をつくってもいいですが、小さな家なのであればあまり使わない和室は諦めて納戸にするという現実的な選択をするのも賢い判断だと思います。 

まとめ

必要だけど邪魔な物というのは家の中には意外とたくさん存在します。それらをいかに効率良く収納できるかが収納スペースに困らない家づくりのポイントとなります。自分の家にしまってあるそういった物をリストアップして、まずはそれらをどこに収納するかという問題から解決していくと、収納に余裕のあるスッキリとしたマイホームが建てられることでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 建ぺい率と容積率について

  2. 魅力は外観だけ? 輸入住宅にほれこむのも程々に

  3. 使い勝手の良いバルコニーを作るために意識すること

  4. 外と内をゆるやかにつなぐ暮らしの知恵、縁側

  5. 太陽光発電による売電で住宅ローンが軽減できる!?

  6. 住宅ローンは借りる銀行によっては100万円以上支払総額が変化!

  7. 書斎の必要性

  8. 外壁のリフォーム

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP