Loading

人気の中庭を作る前に知っておくべき注意点とは

古くから日本家屋で取り入れられている中庭ですが、近所からの目を気にしなくてもいいという点でプライバシーを重視する現代でも人気があります。暗くなりがちな家の内部も中庭があるだけで自然光が入りやすく、明るい部屋作りが可能になります。しかし中庭は良いことばかりでもありません。今回は中庭を作る前に知っておくべき注意点をご紹介します。 

夏涼しい分冬は寒い

中庭を作ると風通しが良くなり夏は非常に涼しい家になります。しかしその反面、冬はどうしても寒くなってしまいます。中庭があると窓が増えるので、その窓から冷気が入ってきてしまうのです。暖房器具で部屋を暖めてもその暖気が逃げやすく、光熱費の面でも経済的とはいえません。対策としては中庭に面した窓に雨戸やシャッターを設置することです。厚手のカーテンにすることも有効です。これらの対策をするだけでも冬場の寒さは大きく改善されることでしょう。 

耐震強度の低下

実は中庭を作ると家の耐震強度は下がってしまいます。地震の多い日本ではどうしても心配な問題といえるでしょう。構造的に地震に強い家というのは、なるべく正方形に近い家です。しかし中庭を作るとどうしても「コの字型」や「口の字型」になってしまいます。このような形の家は地震のときに負荷が均等にかからないため、ヒビが入りやすくなります。簡単に崩れてしまうなんてことはありませんが、なるべく強度を保つためにも正方形に近い長方形に近付けるような設計にするといいでしょう。 

まとめ

素敵な中庭のある家には誰もが憧れますが、メリットばかりではないこともわかっていただけたかと思います。単純に中庭スペース分の部屋数が減るという考え方もできるので、土地の大きさや予算に余裕のある施主が中庭を作る傾向にあります。もし中庭を作るのであれば、メリットばかりに目を向けずしっかりとデメリットの対策にも注力するようにしましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 木造住宅の屋根はどのような構造になっているのか

  2. 参考にしたい住宅ローン利用者の借入額と収入に対する返済比率

  3. キッチンリフォームの工事日数と工程について

  4. 「コンストラクションキーシステム」について

  5. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  6. 違法建築対策には完了検査済証の確認が必須

  7. ロフトは本当に必要?メリットとデメリットを知っておこう

  8. 自分が住まないと利用できない住宅ローンを家族が住む住宅に使う方法

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP