Loading

中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

今、中古住宅を購入して単なるリフォームではなく、自分好みに大改造をして魅力的な住まいにするというリノベーションが注目を集めています。良い中古物件が見つかれば、リノベーションをすることで新築物件と同じくらいの新しさと自分好みに改造できるという2つのメリットが得られます。このリノベーションをするときに金利が魅力の「フラット35リノベ」について解説します。

「フラット35リノベ」とは

「フラット35」の金利を引き下げる制度の1つです。金利を引き下げる制度には、すでに一定の基準を満たした良質な新築住宅、中古住宅を取得する場合、当初一定期間の金利を0.3%引き下げる「フラット35S」があります。

「フラット35リノベ」は、中古住宅を購入して住宅性能を向上させるリフォーム・リノベーションを行った場合に適用され0.6%金利が引き下げられる魅力的な制度です。性能向上の程度によって金利Bプランと金利Aプランの2つがあります。Aプランでは最初の5年間、Bプランでは10年間金利が引き下げられます。2016年現在でフラット35の金利は約1%なので0.6%低くなって非常に魅力的です。

2016年度の「フラット35リノベ」の受付期間

2016年度は、中古住宅の性能向上を目指すために試行的に実施されます。申込期間は10月から翌年の3月31日まで。ただし、予算の枠があり申し込み多数だと期日前に締め切られる可能性があります。

まとめ

大幅改造な必要な物件はお買い得な物件もあります。中古物件の大改造をするリノベーションで新築物件並みの快適な住み心地が合理的な金利で実現できる「フラット35リノベ」について紹介しました。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. おしゃれで実用的な構造材を利用した棚作り

  2. 土間玄関のある暮らし

  3. ライティングビューローかそれとも書斎か

  4. 建築家が行う「監理」ってどういう意味?

  5. 奇抜な「らせん階段」のメリットとデメリット

  6. 樹脂サッシとアルミサッシ

  7. 住宅業界の第三者に聞く、住宅会社の良し悪しを見極める方法

  8. 多くの人が理解できていない免震と制震の違い

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP